« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

洗車

Cocolog061
EOS Kiss Digital N with Canon EF50mm f1.8 II

 今週も洗車である。先週は洗うそばから雨が降ってきたが、今週は大丈夫だった。新しいワックスを試したのだがなかなかよい結果が出た。車が綺麗だと気分もいいもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライオン

Cocolog060
EPSON R-D1 with Voigtlander NOKTON 50mm f1.5

 「ナルニア国物語~ライオンと魔女~」のDVDを買った。早速見たわけだが、大変面白かった。ハリーなど、ファンタジーに食傷気味だったのでどうかなぁ?・・・と思っていたのだが、久々にCGに感動した。最近の映画はCGが凄いのは当たり前で、殆ど、「CGならなんでもできて当然。」という感覚だったが、この映画はちょっと違った。なんというか、「感情に訴えるレベル。」だと思う。「凄い!」というような単純な驚きではなく、演技するCGなのだ。
 その素晴らしいCGだが、特にライオンのアスランが凄い。やはりライオンという動物は百獣の王なのだ。猫好きな私としてはネコ科は全部好きだが、ライオンはやはり格好いい。美しい。

 ・・・そんなわけで、うちのライオンの写真を載せてみた。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゴール

Cocolog059
EPSON R-D1 with Voigtlander NOKTON Classic 40mm f1.4 S.C.

 やりたいことはそのままやれる。やりたくないことをやるには理由が必要だ。どんなことにもゴールはあった方がいい。終わりがあるから人は生きていける。。。

 浅田次郎の短編集を読んで、なんとなくそんなことを考えた。なんか脈絡ねーな。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロマンティスト

Cocolog058
EOS Kiss Digital N with Canon EF50mm f1.8 II

 またまた浅田次郎である。「霞町物語」と「霧笛荘夜話」なのである。うーん切ない。浅田次郎の描くロマンティシズムはツボである。そうなのだ。私は自分でもわかっているのだが、きっと子供っぽいロマンティストである。男はみんな・・・などと言ってもしょうもない話だ。言い訳はよしにして、潔く認めてしまう。

 しかし、だ・・・自分のことを言うのだが、いい歳をしたおっさんが「切ない」ってのも・・・なんだかなぁ。(汗)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

浅田次郎

Cocolog057
EPSON R-D1 with Leitz Summilux 35mm f1.4

 また浅田次郎の短編集を読んでいる。「歩兵の本領」と「姫椿」だ。「歩兵の本領」は70年代ころの陸上自衛隊に勤務する自衛官の、なんというか日常をつづった作品だが、さすが浅田次郎、ぐっとくるのだ。「姫椿」は今読んでいる最中。こちらもよい。。。ところで、ひとつ疑問があるのだが、浅田次郎の作品は女性にもぐっと訴えかけるものなのだろうか。いや、なんとなく男特有のセンチメンタリズムとかロマンティシズムにストライクな感じがしたもので。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間

Cocolog056
EPSON R-D1 with Voigtlander NOKTON 50mm f1.5

 よくよく考えると、というか考えるまでもなく、我々に残された時間は少しずつ減っている。これは誰でも皆そうである。人間だから寿命がくればそこがタイムリミットなのである。私は、いつか終わりがくるということはよいことなのではないかと思う。最近そう思うようになった。いや、もう少し正確に言うと、終わりがくる、ということを受け入れられるようになったというか、それでいいと思えるようになったというか、そういう感じだ。ともかく、時間は減るだけなのである。だから、大切にしなくてはいかんなぁ、と思う。悔いのない時間を過ごしたいと思うのだ。それには勇気が必要だ。私の場合はね。あなたの場合、何が必要なんだろうか。。。何も必要ないかもしれないけど。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Cocolog055
NTT Docomo SH702iD

 今日、知り合いの女性(既婚)と話す機会があったのだが、いきなり「・・・恋がしてぇ~・・・」ときた(笑)。次に結婚するなら40代を狙うと言っていた。彼女は20代だが、オトナがよいのだそうだ。私は42歳になるが、オトナかどうかは心もとない。私は結婚の経験がないので、彼女の気持ちもよくわからないが、人は皆それぞれの人生を生きているのだなぁ。。。などと思った。ちなみに彼女の選択範囲には私はかすりもしないようなので、安心して話を聞いて笑っていられる。ヒトゴトヒトゴト・・・(笑)

 今日読んだ本に、男性の脳と女性の脳についていろいろと書いてあった。「男性の脳と女性の脳は根本的に違うものなので、分かり合えない。だが、そのすれ違いによって発情する。ただし、長く一緒にいると男性脳と女性脳はだんだん分かり合うようになるが、こんどはそれによって、オス、メスの関係ではなく、兄弟のような関係に近づき発情しなくなる。」というようなことが書いてあった。別の本によると、このあたりも脳内のホルモンの作用らしいが、「すれ違う」から発情する、というのはなんだか説得力があるなぁ。

 ちなみに先の女性の場合は、お互いの脳が兄弟のような関係になるほどの長い結婚生活を過ごしているわけではないので、この脳の話とは関係なさそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空港

Cocolog054
NTT Docomo SH702iD

 空港は好きである。あの雰囲気がいいと思う。もちろん、私が飛行機好きということが大きく影響していると思う。だから飛行機で行く出張は面倒な気持ちもあるが、楽しみな気持ちもある。特に仕事が終わった帰りの空港に早めに着いて、飛行機への搭乗を待つ間などが最高にいい。送迎デッキで離着陸する飛行機をずーっと見ていたりする。開放感なのである。(笑)
 で、逆に非常に少ないのだが、プライベートで旅行に行って、その帰りの空港はちょっと寂しい。あーもう飛行機に乗ったら旅行も終わってしまうのだなぁ。。。という寂しさである。

 だからというわけでは全くないのだが、私はあまり旅行に行かない。理由は自分でもわからない。謎である。一人旅はちょっとビビるのと、お金がないのと、多分そんなところだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月のしずく

Cocolog053
EPSON R-D1 with Voigtlander NOKTON 50mm f1.5

 浅田次郎の「月のしずく」という短編集を読んでいる。「月のしずく」という話自体はつい最近ドラマ化されて放映された。泉谷しげると藤原紀香が主演でいいドラマだった。
 さて、この本だが、短編集なのでいくつかのストーリーが読める。そして、どれも私の心の琴線に触れるのだ。。。うーん、浅田次郎はうまいなぁ。。。泣いたりするような感じではないが、ぐっとくる。ただ、まてよ、これは40過ぎの男に響くものなのかも知れない。あまり若いと「ふーん」で終わり、オトナの女性でも、「わかるんだけどね・・・」という感じではないだろうか。いや、ふとそんな気がしただけなんだが。。。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊豆半島をぐるっと!

 昨夜(16日の夜11時ころ)、車にガソリンを入れた。昼間に洗車したのでその仕上げというか、そんな感じだった。しかし、オープンで走っていたためになんだか気分がよくなり、そのままちょっと走ろうか、という気になった。コンビニで缶コーヒーを飲み、なんとなく湘南方面へ。。。実は前日の夜、Donald Fagenの「The Nightfly」という古いCDを発見した(懐かしい)。。。このアルバムをどこで聴くべきかを考えたのだが、暗い海沿いの道を気持ちよく(信号とか気にせずに)走りながらがいいような気がしたのだ。そんなわけで、一路平塚に向けて走ること小一時間。平塚で134号線を右折して西湘バイパスへ入る。期待に違わず夜の西湘バイパス+Donald Fagenは最高だった。コトバにするのは難しいのだが、あえて書くとすると・・・左に海があるはずだが、当然真っ暗で見えない。でも実際に海はある。空を見上げると月が私とロードスターを見下ろしている・・・その感じがなんともいい。
 だが、ここからいつもの悪い癖が出た(笑)。気分をよくした私はそのまま勢いで真鶴新道→熱海ビーチラインを通って(気分は最高だが有料道路のコストも最高!)下田港で岸壁に車を止めて休憩(一度やってみたかった)。ここで少し悩んだのだが、戻るのも気分が悪いので、そのまま南下して石廊崎を目指した。石廊崎灯台につくころには東の空がコバルト色に染まり始め、オープンカーで走るコバルトアワーはなんともいえない気持ちよさ!!

Cocolog049
NTT Docomo SH702iD 石廊崎灯台にて

 そのまま今度は伊豆半島の西側を北上である。土肥、堂ヶ島、を過ぎ延々走る。たまに景色がいいと携帯で写真。こういう時に限ってマトモなカメラを持ってない。マーフィーだ。早朝の伊豆半島は、いろいろな鳥の声と潮の香りとすずしい風で、オープンカーで走るにはこれ以上はないというシチュエーションだったが・・・このあたりで少々、いやけっこう疲れてきた(笑)。


Cocolog050
NTT Docomo SH702iD そろそろ沼津あたりか。

Cocolog051
NTT Docomo SH702iD このあたりはもう沼津だと思う。

Cocolog052
NTT Docomo SH702iD 絶景である。

 結局沼津から東名高速で厚木まで戻り、そこからはよく知っている道で帰り着いた。久しぶりに(疲れたが)非常に濃いドライブをした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

あっつい!

Cocolog048
EPSON R-D1 with Leitz Summitar 5cm f2.0

 暑い。そして毎日雨が降る。実はその直前に必ず洗車している。いわゆるひとつのマーフィー的な話である。また、こう湿気があるとバイクも錆びる。錆びるので磨くとまた雨が降る。・・・きっとそういうものなのだろう。
 そういえば土曜日に床屋でアタマを坊主にしてもらった。すっきりした。おすすめである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北海道/少子化対策?

Cocolog046
NTT Docomo SH702iD
東京国際空港にて。。。天気悪い~・・・これからこれに乗るのだ!

 少々更新が滞ってしまった。前の記事で沖縄のことを書いたが、実は翌週の月曜には札幌に行ったのだ。沖縄は2泊だったが、札幌は日帰り出張だ。朝、羽田は雨。ひとっ飛びして札幌は快晴!

Cocolog047
NTT Docomo SH702iD
札幌着!。。。天気良い~!!

 札幌駅で待ち合わせの相手と落ち合ったあと、すぐ客先へ。。。なんとなく忙しないが、仕事自体は午前で終了してしまい、19時30分の帰りの飛行機の時間まではフリータイムと相成った。(喜)
 早速ぶらぶら歩き出して考える・・・うーん腹減ったからラーメン食お。市電にのって「てつや」に行き、醤油ラーメンを食べた。美味であった。


 ところで、ちょっと驚いたことがある。今読んでいる本が男女共同参画社会基本法について述べているのだが、この基本法は少子化対策にも貢献するとされているらしい。男女共同参画社会というのはすごく簡単にいうと、男女の性差をなくし、男も女もしっかり働いてばっちり稼いで税金も年金も納めようや、ということらしい。男女平等になるー!っということで、フェミニストの偉い先生方が大活躍して考えたらしいが、女の人もばりばり働くことになると、子供を産んで育てるのと両立できるのかな、と普通は思う。私も思った。それで考えてみる。そして、あぁ、だから、男も育児休暇とか、保育施設を拡充するとか、そういう風になるのだな。と思う。。。だが、出産自体は働きながらというわけにはいくまい。普通は病院で産むし、前後は入院する必要もある。生まれたばかりの子供には母親が必要なのではないかと思う。そういうのは男の育児休暇とか、保育施設だけではどうにもならないよなぁ。。。などと読みながら思っていた。だって、せめて小学校に行くくらいにならないと、子供というのは大変である。異常に手がかかる。肉体的にも精神的にもエネルギーがいる。そうしたら、この基本法が少子化対策になるという話は私が思っていたのと全然違う話だった。(驚)

 「少子化対策」というと、「出生率を上げて子供の数を増やすこと」、だと普通は思うのではないだろうか。しかし、この男女共同参画社会基本法での「少子化対策」は、「子供の数は減っちゃって仕方ないから、その分は女の人がばりばり働くことでカバーしようよ」、という話らしい。。。

 いやー、それだとどんどん日本の人口は減っていくような気がするのだが。。。そうなるとすぐに社会インフラ自体を維持できなくなるだろうなぁ。どんどん国力も低下するだろうし、最後は日本人はいなくなってしまう?と思うのは私だけだろうか。

 うーん本当なのだろうか。まだ最後まで読んでいないので先が楽しみなのだが。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバックスパム

 トラックバックスパム!!ムカつくなあ。
先ほど削除したが、トラックバックスパムが来ていた。クリックしてしまうと、アダルトサイトが新しいウィンドウを表示され、Winantivirus2006Proという偽セキュリティソフト(詐欺ソフト)をインストールしろ、という警告メッセージが表示されるという。。。

即効削除しようとしたら、ココログがメンテ中でできず。。。先ほどやっと削除した。被害にあった人がいなければいいが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »