« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

ハーレー!

Cocolog087
EPSON R-D1 with Voigtlander Color Skopar 35mm f2.5 C

 週末、生まれて初めてハーレーというバイクに乗った。いやー、あれはいい。乗ったのは、ダイナのローライダーと、スポスタの1200だが、どちらもいい。ゆっくり走ってもぶっ飛んでもいいと思う。あえて言えば、ポジションを自分の好みにしたいと思ったくらいである。比較的新しいモデルだったので乗りやすかったのかも知れないが、ハーレーって、もっとドッカンドッカンしてて乗りにくいものかと思っていた。で、もっと遅いものかと思っていた。ところが全然速いのだ。そして乗ってれば軽く操れる。ひらりひらりである。

うーん・・・やるな、アメリカ人!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

幸運。

Cocolog086
EPSON R-D1 with Voigtlander Color Skopar 35mm f2.5 C

 今日はラッキーだった。2りんかんに行ったら探していたケミカルを見つけた。「MR20」というケミカルだ。MRというのはMETAL RUBBERのことで、金属とゴムの接点の潤滑剤である。ゴムのシールと金属の摩擦をなくして動きをスムーズにするのだ。バイクや車は金属の周囲をゴムでシールして防塵してある部位がけっこうある。そういう部分の動きをよくするのだ。ゴムを使っているところにポピュラーなCRC556などを使うとゴムがダメージを受けるらしい。ケミカルは適材適所で使い分ける必要がある。

 あとはカワサキ用のギボシ(配線をつなぐもの)やなんかを探して2りんかんを2店舗ハシゴしたのだが、そのときにブレーキのパッドも買ってみた。買ったのはロッキードのセミメタルパッド。今使っているのはベスラのもので、効きは問題ないのだがブレーキ鳴きが止まらない。いろいろやってみたのだが、もともとキャリパー自体が鳴きを誘発しやすいらしく、純正のパッド以外は鳴きやすいらしい。しかも、純正はアスベストベースで現在は生産していないのである。

 そんなわけで、鳴きに悩まされていたのだが、まぁ、 ダメ元でパッドを交換してみる気になった。(MR20も使ってみたいし、)早速ブレーキキャリパーを分解し、MR20をピストンとダストシール(ゴム)の間に吹き付けてみる。心なしかピストンの動きがよくなった気がする。(笑)

 新しいパッドの角をヤスリで面取りし、ピストンと接触するパッドの裏側を、(ややバリがあってデコボコだったので、)荒目のペーパーで平面にならしてみた。ブレーキ鳴きはパッドがビビってあの「キーッ!」という音が出るらしいので、できるだけピストンがパッドに密着できるようにしたほうがよいらしい。そこそこ平面になったところで、パッドグリスをパッド裏面に塗り、キャリパーに装着した。さてさて、鳴きが止まればいいのだが・・・

 ちょうどパーツクリーナーがなくなったので、試運転をかねてまたまた2りんかんに行ってみる。

 うーん、鳴かない。よいではないか。(笑)

 ただし、しばらくすると鳴きだすことが多いので、今のところは鳴かないだけかもしれない。とりあえず、2りんかんで603円が498円と安くなっているパーツクリーナーを3本買った。と思ったら、レジで1本298円にしてくれた!

 今日は割引らしい。。。(ラッキー!)

 うひひひ・・・なんだか今日は良い日だったと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暖冬。

Cocolog085
EPSON R-D1 with Voigtlander Color Skopar 35mm f2.5 C

 暖冬です。暖かいです。バイクにはありがたいですな。(笑)
 暖冬とは関係ないのだが、リアサスをオーリンズにしてしまった。なんでもユーロとの関連で、3月に値上がりするらしい。それも3割近く!なので、なんとかがんばってオーリンズにしたのであるが、カヤバとの違いはまだよくわからない。やや乗り心地がよくなったような気もする。まだまだこれからですな。
 それから、ウィンカーステーをショートタイプにして、リプロダクションのウィンカーをつけた。このウィンカー、まぁ、偽物というと表現が悪いが、純正ではない。値段が純正の1/3である。(笑)。。。品質はやはり純正が断然いいと思う。今までは純正がついていたのだが、ステーから外れないのである。(爆)
 一応、一台分の純正新品のウィンカーはゲット済みではあるのだが・・・いいかげん古いバイクなので、純正部品のストックが必要なのだ。
 あと、このバイク、タンクエンブレムのKAWASAKIの文字が、手に入れたときから、なぜだかつや消し黒に塗られていた。4年間気になっていたのだが、綺麗に剥がせるかわからなかったので、そのままになっていた。それをなんとかマニキュアを落とす除光液で剥がした。どういう意図で黒くしたのかはわからないが、格好いいと思ったのだろう。たぶんアメリカ人。 私は白い方がいいと思うんだが。

そんなわけで、どこかに遠出をしたい今日この頃である。

今回は「あいつとララバイ」風に撮ってみた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »