« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018

Cocolog608
Leica M10-P NOKTON classic 35mm f1.4 MC 

今年は本当に色々ありました。
やはり春先に網膜剥離で入院、手術というのが一番大きい出来事だったと思います。
幸い視力を失うようなこともなく、回復できたので良かったのですが、歳をとると何があるかわからないですね。

趣味の話ですが、来年はフィルムをまた使いたいなぁと思っています。
ただ問題はスキャナーなんですよね。フィルムスキャナーがない。(^^;)
あとカメラが国産の古いレンジファインダーかハーフのPENか、そのくらいしかないんですよね。
またM3買おうか。(笑)
動かないA型改DIIもOHしないといけないのでした。

それから、目をやってからめっきり車に乗らなくなってしまったので、少し手を入れてやらないとダメですね。

まぁ、いろいろありますが、気が向いたらぼちぼちやるしかないですね。
気楽に行きましょう。

それではみなさん良いお年をお迎えください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホットピクセル

Cocolog607
Leica M Monochrom Leitz Summar 5cm f2.0 

今年(2018年)の7月に入手して使っているMモノクロームですが、今日この写真を現像中にホットピクセルを見つけてしまいました。
(ちなみに写っているのはM10-P + NOKTON 35mm f1.4 MC VMです。)

ホットピクセルというのは、ご存知かと思いますが、イメージセンサーの画素のうち常に決まった色に発色するもの、所謂画素抜けとかピクセル抜け、というやつですね。
Mモノクロームの場合は、モノクロ機なので白く抜けます。カラー機だと常に赤とか青とか、特定の色になったりしますよね。
あと、星空や夜景を撮影する際に長時間露光したりするとノイズとして出たりすることもあるそうです。

実際、ISO感度を高くして撮影したりすると、より出やすくなるようです。例えば私の場合、ISO400で撮影すると3つくらいしか見つけられないですが、ISO1600だと7個くらい見えたりします。
(まぁ、それでもピクセル等倍とかで見ないとわからないことが殆どなので気にしない人も、気づいてない人もいると思います。)

現像ソフトでノイズリダクションを強めにかけると消えますが、画像全体に効果が及ぶのでメリハリのない写真になってしまうことが考えられます。それが嫌な人はレタッチで修正する手もあります。
しかし、やはりカメラ側でデータを作るときに補正するのが一番いいわけです。実際メーカーは出荷時にそういう調整をして出荷しているそうです。カメラのイメージセンサーの歩留まりを考えると、数千万画素のうち、いくつかは抜けてしまうのはしょうがないのでしょうね。

私のMモノクロームは1年保証がついているので、たぶんそれで直してもらえると思います。直すといってもピクセルマッピングといって、カメラ内のソフトウェアで抜けてる画素の部分を周囲の画素の情報で補正してデータを作るように調整するだけで、イメージセンサーをどうこうするわけではないのですが。

カメラのメニューでこれが付いてる機種もありますね。昔使ってたR-D1には実装されてた気がします。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

Cocolog606
Leica M10-P NOKTON classic 35mm f1.4 MC 

お疲れ様です。
やっと仕事納めも終了しました。
食あたりの中出張したり、目の手術で入院したり(そして再手術したり(笑))と今年は例年になく色々ありましたが、やっと休みにたどり着いたという感じです。
それに、世の中やはり景気がいいようで、どちらも忙しいという声であふれていたように思います。
私も週末を含めてずっと仕事していた気がしますね。(笑)
幸い年末年始は急ぎの仕事もないので心も身体もゆっくりしたいところです。

休み中どこかに撮影に行きたいとも思うのですが、いかんせん寒そうで。(笑)
まぁ、そんなに遠くに行かなくてもいいんですよね。カメラ持ってぶらぶらするだけで。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

郵便車

Cocolog605
Leica M10-P Leitz Elmar 5cm f3.5 

夜の新宿郵便局です。
最近よく見る軽の郵便車ですが、この艶のある赤色がなんとなく好きなんです。

この場所は駐車場?積込場?なんて言うんでしょうかね、わからないんですが、少し古くなったドアや天井のダクト、照明など、とてもいい雰囲気ですよね。
きっと忙しい時間帯は人も車も多くて活気があるのでしょうが、今は逆に寂しい時間帯です。
実はこのとき、誰も人がいなかったわけではなく、この車に荷物を載せてる最中だったようです。
郵便も含めた物流は24時間動き続けてるわけで、そのおかげて私達は便利に生活できてるわけですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

After the rain.

Cocolog604
Leica M10-P NOKTON classic 35mm f1.4 MC 

気を付けてはいるのですが、カメラのイメージセンサーにゴミは付きますね。
M10-Pを使い始めて2か月ですが、今日撮った写真の現像中にセンサーにゴミがあるのを見つけました。
1つ2つじゃなく、結構沢山ついてる。orz
私のもう一つのモノクロのサイト(Silence is golden)用の写真だったので、モノクロ仕上げをしていたので気づいたんですが、カラーだと気づかなかったかも知れないです。

だけど、その写真の前後1~2枚以外は写ってないようです。
もちろん絞りとか明るさとか、写っているものによっては全くわからないことも考えられますけれど。
撮影中はシャッターがセンサーの直前でシャカシャカ動くわけですから、それでセンサーにゴミが付いたり飛ばされたリするのでしょうね。

とりあえず、クリーニングは完了しましたが、フィルム時代にはなかった手間ですね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

月曜の朝、猫は寝てる、私は仕事行く

Cocolog603
Leica M10-P NOKTON classic 35mm f1.4 MC VM 

少し前のブログに欲しいと思うレンズをいくつか書きました。
が、今回そこに書かなかったレンズを買いました。私の話なんてそんなものです。(笑)

Voigtlander NOKTON classic 35mm f1.4 MC VM

もうこのレンズが発売されて10年くらい経つそうですが、いまだに製造されているというのは人気があるんでしょうね。
発売当時からルックスの良いレンズだとは思っていました。いつかは買いたい、と欲しい気持ちはあったのですが、なんとなくタイミングが合わずそのままになっていました。
いつでも新品が買えるという気持ちと、あとあまり高価なレンズでもないので、今じゃなくても、という風に思っていたんですよね。

私、実はR-D1を使っていた時代に40mmのf1.4 SCを使っていたことがあります。お店に人によると、35mmの方は40mmよりも癖があるそうですね。
2種類あるコーティングについては、40mmはシングルコートを選択したのですが、今回の35mmはマルチコートを選びました。
昔はレンズはオールドがいい!と思っていて、「シングルコートはオールドっぽい味付け」というのに惹かれたんですね。
今はそういう拘りもないので、ナチュラルな色再現という方がいいなぁ、と思ってマルチコートを選びました。

あと、このレンズを買ったのは、snopanさんのブログ「SNOPAN PHOTOGRAPHY / BLOG」を見たのが大きいです。
snopanさんは写真も上手いし写真の仕上げも凄いので、私から見るとレベル高杉でマネさえできないのですが、同じレンズを使えば・・・的な発想というか、少なくともこのレンズは撮り手によってはこういう写真を撮れるのだ、という可能性を買うというか。

まぁ、私の写真からはわかりにくいのですが、いいレンズであることは確かだと思います。

あと、ビビりなので保護フィルターを買ったのですが、マップカメラさんオリジナルの真鍮枠を買いました。いつか塗装が剥げてきたら金色の地が出てきて格好いいと思って。ちょっと高いんですけどね。まだ全然塗装は元気ですが・・・(^^;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cocolog602
Leica M10-P Leitz Elmar 5cm f3.5 

青いイルミネーションというのは、寒い夜を更に寒く感じさせますね。(笑)
体感温度で2~3度くらい?

寒いねーw、なんて笑いあえる人と一緒だと心は温かいのかも知れませんが、私はいつも通り一人だったので、この冷たそうなステンレスのベンチに反射する青いイルミネーションを見て、身も心も凍ってしまいそうでした。(笑)

でも、とても綺麗でした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

The shutter is released, walking.

Cocolog601
Leica M10 ELMARIT-M 28mm f2.8 ASPH. 11606(5th) 

歩きながらノーファインダーで色々な方向にレンズを向けながら撮るのはなかなか楽しいものです。
この一枚には笑い顔というか、スマイルマーク?が沢山写りました。
綺麗な色です。

こんなことをしたのは、カメラの調子が悪かったからなんですけど。。。
インスタで「great shot」とコメントいただきました。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

THINKING, FAST AND SLOW.

Cocolog600
Leica M10-P Leitz Elmar 5cm f3.5 

12月は1年のうちでもイルミネーションが一番華やかな月ではないかと思いますが、あんまり凄いのは圧倒されるばかりで、刺激に慣れてしまうと感動もなくなってしまうような気がします。

少し控えめな方がいいですかねぇ。。。

今、ダニエル・カーネマンの「ファスト&スロー」という本を読んでいます。
サブタイトルは「あなたの意思はどのように決まるか?」です。

人の意思はどのように決まるのか、直感や第一印象はそれにどのような影響を与えるか、じっくり考えて意思決定しているつもりだけど、それは本当にそうなのか。

自分のことはわかっているつもりですが、どうなんでしょうね。面白いです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫の町

Cocolog599
Leica M10-P Leitz Elmar 5cm f3.5 

休日の昼下がり。

ところで、我々人類が滅亡した後にこの壁を発見した未来の人は、過去の地球で猫の文明が栄えていたと誤解しないだろうか。。。
などとこの写真を見て考えていたんですが、地球上の動物の中でも猫は最も成功した種、という話を思い出しました。
確かに世界中どこの町にも猫はいますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Winter sunlight.

Cocolog598
Leica M10-P Leitz Elmar 5cm f3.5 

お気に入りのカメラ、お気に入りのレンズ。
お気に入りのバッグに文庫本。
適当に写真をとりつつ、疲れたらコーヒーでも飲んで一休み。

これが正しい休日の過ごし方。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cocolog597
Leica M10-P Leitz Elmar 5cm f3.5 

昨日、病院から電話があり、保険会社に提出する診断書ができたとのことだったので、今日の午後から出かけて受け取ってきました。

久しぶりにカメラを持ってスナップしながらぶらぶらと行ってきたのですが、途中、本屋さんに寄り、11/30に発売された「Camera Holic」というムック本と、木村伊兵衛の写真集「パリ残像」を買ってきました。
写真集の方は、11/3に日本橋で同名の写真展を見て会場で買いたかったのですが、そのときは小型のカメラバッグしか持っていなかったので買いませんでした。
まぁ、Amazonでいつでも買えると思っていたんですけどね。家にいると忘れてる。(笑)

しかし、今日は暖かかったですねぇ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »