« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

大晦日

Cocolog701
Leica M10-P NOKTON classic 35mm f1.4 MC 

今年も今日で終わりです。
お世話になった皆さま、本当にありがとうございました。
来年も楽しくがんばりましょう!

実はこの写真は去年の暮に(笑)撮ったものなんですが・・・
新宿にて。


| | コメント (0)

原宿再び

Cocolog698
RICOH GRⅢ 

青いネオン管が綺麗ですね。
原宿にて。

世の中は今日あたりからお休みでしょうか。
私も一応は今日からお休みです。ごろごろしようかと思います。(笑)

さて、一昨日の26日、ストラトのナット交換が終わったので受け取りに行ってきました。
松下工房さんにお世話になるのは数年ぶりですが、いつもながら素晴らしい仕上がり。素敵。。。
材質はオイル漬けの牛骨です。
色味がいい感じです。


Cocolog699

RICOH GRⅢ

このギターは1993年製のUSAで、所謂ビンストというやつです。
American Vintage 62というやつですね。
この後にThin Lacquerという塗装の薄いやつ(?)が出たんだと思います。
ケースの中には2010年に中古で販売されたらしいタグが入っていました。
御茶ノ水のイシバシ楽器みたいです。
ということは少なくとも私の前に2人のオーナーがいると。。。
もしかするともっといるのかも知れませんが、考えるとちょっとわくわくします。
このギターにはどんな歴史があるんでしょうかね。

古い道具はそういうところも面白いですね。
カメラも車もバイクも・・・(笑)

私が買ったときには弦は09-42で、トレモロはベタ付けでダウンしかできないセッティングでした。
というか、スプリングが5本ついてたのでトレモロ使ってなかったんでしょうね。本来付属してるアームもなかったし。
で、私は好みに合わせて弦を10-46に張り替えて、トレモロのスプリングを3本にしてフローティングにセッティングし直したのですが、弾いてるとどうにもチューニングが狂うんですよね。
よくよく調べたらナットに3弦が噛んじゃう。
だからチューニングも合いづらいし、チョーキングやアーミングで引っかかるんですね。
ナットの溝が09-42ゲージ用に切られてたんでしょうか。
たしかビンストは出荷時の弦は10-46だったと思うのでナットが交換されていたのかも知れません。
それとも溝の深さが他の弦よりも深かったので、09-42のゲージを長く使った結果として元の溝よりさらに(細く)深く削れてしまったのか・・・
とりあえずペーパーで溝を少し広げて動くようにしてグリスなど塗ってみましたが、溝の深さも揃ってない上に欠けてるところもあったりして、あまり良い状態のナットじゃなかったんで今回交換してもらいました。
結果的にはとても弾きやすくなりました。見た目もいい感じになったし。

実は私、ギターは半分は見た目で買ってます。(笑)


Cocolog700

Leica M10-P Elmar 5cm f3.5(Old nickel feet notation)


| | コメント (2)

車窓

Cocolog697
RICOH GRⅢ 

24日のクリスマスイブに大阪に日帰り出張に行きました。
午前中に新幹線に乗るのはもう何十年ぶりだったでしょうか。
なんだか新鮮な感じでした。

ただ、まぁ、1日中電車に乗っていたような日でしたね。
もう座るのが嫌になってしまい、帰りの東京駅からの中央線では敢えて立って帰ってきました。(笑)


| | コメント (0)

原宿

Cocolog695
RICOH GRⅢ 

何年かぶりに原宿に行ってきました。
いやぁ、外人さんが多いですね。
というか人が多くてちょっとね・・・
私的に積極的に行かない場所のトップ3に入りますね、原宿。
あと渋谷センター街。(笑)

最近入手したストラトキャスターのナットを交換してもらうために松下工房さんに持って行ったのですが、このストラト、同じモデルの中古の中ではかなり程度は悪い方じゃないかと思います。その分値段は安かったんですけど。
でも指板調整&フレット交換済み、クリーニング済み・・・
錆びや打痕があって見た目は良くないかも知れないですが、私はそういうの好きな方なんで全然OKでした。
音はいい音してましたしね。
ただ、ナットは私が使っている弦のゲージに合ってない感じなのと、欠けていたり溝の深さが揃ってなかったり。。。
機能に関わるところなのでしっかり好みに合わせてプロにやってもらおうと思いまして交換にだしました。
26日くらいには取りに行けそうなので楽しみです。

ちなみに今回調整に出したストラトはセンター街にある楽器屋さんで買いました。。。(笑)


Cocolog696

RICOH GRⅢ 


| | コメント (2)

赤提灯

Cocolog694
Leica M10-P Elmar 5cm f3.5(Old nickel feet notation) 

私はお酒は飲めないのですが、この赤提灯に惹かれるものがあるのはわかります。
特に最近寒いですから余計に惹かれる気がしますね。

この写真は私が所有している2本の所謂旧エルマーらしきレンズのうち、Feet表記の方で撮影しました。
提灯の文字や右の暖簾のあたりを見てもとてもしっかり写っているのではないかと思います。
ヘタをすると90年以上前のレンズですから大したものです。
明るい所で解放で撮ると、もう1本のメーター表記の方よりもこちらの方がボケ方に癖があるような気がします。

この2本のエルマー、レンズ全面の銘板のフォントも違うし、分解した写真を見ると部品の形や構造も少し違うようです。
(ハヤタカメララボさんはOH時に分解した際の写真を印刷したものを仕上がり時にくれるのでわかるのです。)
レンズとしては同じくらいの時代のものだと思うのですが・・・面白いですね。


| | コメント (0)

Sunset airport.

Cocolog693
RICOH GRⅢ 

羽田空港にて。

札幌に行ってきました。
考えてみると、まだ一度もプライベートで行ったことがない。
一度、遊びに行ってみたいものですなぁ。。。


| | コメント (4)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »