« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

Cocolog860
LEITZ minolta CL NIKKOR-H・C 5cm f2 T-MAX100 Silversalt 

カモメというと私の場合、思い出すのは「カモメのジョナサン」です。
これも世代でしょうか。


| | コメント (0)

カフェにて -Light.-

Cocolog859
LEITZ minolta CL NOKTON classic 40mm f1.4 SC T-MAX100 Silversalt 

昨日と同じカフェ。
ただ壁を照らしていた光に惹かれて撮りました。


| | コメント (0)

カフェにて -Invisible Man.-


Cocolog858


LEITZ minolta CL NOKTON classic 40mm f1.4 SC T-MAX100 Silversalt 

誰かが座っていそうな感じ。


| | コメント (0)

街燈

Cocolog857
LEITZ minolta CL NOKTON classic 40mm f1.4 SC T-MAX100 Silversalt 

JR四ツ谷駅の上にかかる四谷見附橋の街燈。
凝った意匠がいい。
現在の四谷見附橋は2代目らしいですね。
初代は迎賓館の外観と調和させたデザインで作られたそうで、その手すりや街燈が2代目に再利用されているとか。
これがそう。その本物なんですね。
初代の着工は明治44年、開通は大正2年とのことですからすごい。
現在初代は、多摩ニュータウンの長池に移築されているそうです。
手すりや街燈は四谷で使っているのでレプリカとのことですが。


| | コメント (0)

四谷見附

Cocolog856
LEITZ minolta CL NOKTON classic 40mm f1.4 SC T-MAX100 Silversalt 

四谷見附の交差点にある街燈はデザインが凝ってますね。
いつ頃作られたものなのかわかりませんが、ちょっとレトロな雰囲気。
古いものなんでしょうかね。
それとも単にそういう雰囲気でデザインされた最近のものなのか。

そういえばSilversaltさんのサイトを見たらSilversalt(現像液)が入荷したとのことで早速注文しました。
TRX2000と併用しつつ、いろいろ試してみたいと思います。


| | コメント (0)

サンダーゲート


Cocolog855


LEITZ minolta CL NIKKOR-H・C 5cm f2.0 T-MAX100 Slversalt 

直訳するとカッコいい。笑
漂うアニメ感。

雷門にて。


| | コメント (0)

Tables and heaters.

Cocolog854
LEITZ minolta CL NOKTON classic 40mm f1.4 SC T-MAX100 Silversalt 

あの銀色の機械が何なのか。
個人的に謎だったのですが、ヒーターみたいですね。
どのくらい暖かいのでしょうか。


| | コメント (2)

夕暮れの新宿通り

Cocolog853
LEITZ minolta CL NOKTON classic 40mm f1.4 SC T-MAX100 Silversalt 

この写真は実は本来もう少し左と下がフレームに入ってました。
現像が終わりネガを6コマずつカットしようとして間違って変なところで切ってしまいまして・・・
フレームの左部分をいわば物理的に強制トリミング。笑
仕方がないのでフレームの下の部分もスキャンの時にカットしてアスペクト比を合わせました。
でもまぁ、結果的に元よりも良い感じになった気がするので結果オーライでしょうかね。
なんとなく釈然としませんが。笑


| | コメント (0)

夜の桜

Cocolog852
Leica M3 SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH. T-MAX100 TRX2000 

夜というほど暗くなってはいなかったのですが、街燈の灯りを受けて咲いていました。
まだ1分咲きか2分咲きの桜。

さて、昨日のブログでも書きましたが、この写真では今までとは違う現像液を使っています。
私はSpurのSilversaltという現像液を使っていましたが、ちょうど使いきってしまい、販売しているSilversaltさんのサイトでも少し前から品切れ状態。一瞬、100mlのものが入荷したようですが、250mlが欲しいな、と思っているうちに売り切れ・・・
どうしようかと思ったのですが、同じくSpurのTRX2000という現像液を使ってみました。この現像液はTRI-Xに最適ということですが、もちろんTRI-X専用というわけではなく他のフィルムも現像できます。ちょうどTRI-Xを10本ほど購入したのもあり使ってみることにしました。
Silversaltさんのサイトにある現像データを確認して現像。とりあえず問題なく仕上がりました。

ここで、Silversaltと比較して・・・とレポートできれば良いのですが、今回カメラはM3。これはいいとして、レンズはSUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH.でフィルムはT-MAX100。
で、使っていたSEKONICのL-208という露出計がおかしくなってしまい新調したので、今までと露出設定が変わったかもしれません(適正になった?)。
また、これが一番大きいのですが、SUMMILUXをフィルムで使うのは初めてです。

そういう感じで撮影条件がいろいろ変わってしまっているので、現像液を変えた影響がどうなのかがよくわからん。笑
いかんせん自家現像の経験がまだフィルム20本弱なので圧倒的に経験値が足りません。。。

販売サイトにあるTRX2000の説明では、美しいトーン、とあるので、そうかも・・・という気もします。
また、なんとなくコントラスト高めに見えるショットや粒状感が高めに見えるショットもあったりします。
そもそもSUMMILUXがオールドレンズと比べるとコントラストが高めなのでその影響の方が大きい気もします。
そしてこれも経験不足の悲しいところですが、自分の現像処理が適正だったかもわかりません。笑

まー足りない経験は積むしかないので、これから使ってみて様子を見たいと思います。


| | コメント (0)

Rainy Sunday.


Cocolog851


Leica M Monochrom NOKTON Vintage Line 50mm f1.5 aspherical II VM SC 

昨日は雨。
ちょうど一昨日撮影完了したフィルムがあるので現像にちょうどいい。

今回、今まで使っていた現像液がなくなってしまい、販売サイトでも品切れだったので別の現像液を使いました。
違いはよくわかりません。笑

しかし現像作業は楽しいですね。
全工程が終わってクリップにフィルムを吊る瞬間がワクワクです。


| | コメント (4)

Signs of spring.

Cocolog850
Leica M3 Zeiss-Opton Sonnar 50mm f1.5 T-MAX100 Silversalt 

春ですね。
暖かくなるのはいいのですが、着るものに困ったりします。笑


話変わりますが、カメラのストラップについている金属の丸いリングがあります。
多くのストラップでステンレス製のものが使われているのではないかと思いますが、旧いカメラのアイレットは真鍮製が多いです。
ステンレスと真鍮だとステンレスの方が硬いのでアイレットが削れてしまいます。
あまり気にしていませんでしたが、CURAというメーカーが真鍮製のリングを出しているそうなので、買ってみました。
なんでも20時間かけて研磨して角を丸めているため、カメラにも爪にも優しいとか。
確かに滑らかなフォルムでカメラにストラップを着けるときに爪や指先が痛くなかったです。
ただ、ストラップからリングを外したり、また着けたりするのが地味に大変だったりしますね。笑
とりあえずM3のストラップに。。。

あと、Ⅲaのシャッターがトラブル。
後幕の下側リボンがシャッタードラムから外れてしまいました。接着がはがれた模様。
グッタペルカも一部浮いてきたので、オーバーホールに出そうかな。
全体的に程度もよく調子もいいのですが、この辺りの状態を見るとこのⅢaがオーバーホールされたのは結構前のようですね。

しかし考えてみると作られたのが86年前。未だに現役で使えるというのは驚きです。笑


| | コメント (2)

人力車

Cocolog849
LEITZ minolta CL NOKTON classic 40mm f1.4 SC T-MAX100 Silversalt 

車力門通り入り口にて。

Googleマップのストリートビューで見た感じだと、なかなか楽しそうな通りですね。
駅でいうと四ツ谷三丁目が一番近いみたいです。
新宿から四ツ谷に向かって散歩していた時にこの人力車に目が留まりました。


| | コメント (0)

二つのレンズ

Cocolog848
LEITZ minolta CL NOKTON classic 40mm f1.4 SC T-MAX100 Silversalt 

・・・Rolleiflex欲しいな。笑


| | コメント (0)

古い階段


Cocolog847


LEITZ minolta CL NOKTON classic 40mm f1.4 SC T-MAX100 Silversalt 

この日は曇っていたのですが、雲が厚かったのか光にメリハリがなく影ができにくい日でした。
曇りは嫌いじゃないんですけど、もう少し光があった方がいいな。
なんだかペタっとして立体感が出にくいですね。
よく写真の撮り方的な本に書いてありますが。笑
でも撮っている時はわかってなくて現像してスキャンして気づいた。

撮影している時はボケ具合を想像するのと構図を考えるくらい。
で、たまには解放で撮ってみようと思って撮ったのがこの写真。
ボケ方がなんだかすごく情緒的な気がします。


| | コメント (0)

Chimney.

Cocolog846
LEITZ minolta CL NOKTON classic 40mm f1.4 SC T-MAX100 Silversalt 

最近は煙突を見ることも少なくなりましたね。
やはり昭和というか、一時代前のアイコンというか。
今見るとちょっとレトロな感じ。


| | コメント (0)

Historical department store. #3

Cocolog845
LEITZ minolta CL NOKTON classic 40mm f1.4 SC T-MAX100 Silversalt 

戦前の日本の建物には、ゴシック調とかアールデコといっても、単に海外のものを持ってきただけではない独特の雰囲気がありますね。
和洋折衷というか。。。

この写真だけを見ると、高級な中華料理店に見えなくもないですが。笑


| | コメント (0)

Historical department store. #2

Cocolog844
LEITZ minolta CL NOKTON classic 40mm f1.4 SC T-MAX100 Silversalt 

伊勢丹新宿店は新宿通りと明治通りの交差点にありますが、当初、角の部分は別のお店だったそうです。
そこをあとから買収して建物も合体させ、デザインなども統一したということですが、全く違和感ないですよね。

作ったのは清水組(現在の清水建設)。
現在は東京都選定歴史的建造物になってます。


| | コメント (0)

Historical department store.

Cocolog842
LEITZ minolta CL NOKTON classic 40mm f1.4 SC T-MAX100 Silversalt 

伊勢丹新宿店。
ゴシック様式の外観を持つアールデコ調の建物です。
建造は昭和8年ということですから1935年。
私のⅢaやズマールと同い年。笑

・・・と思ったら1933年ですね。計算間違い。笑
1935年には隣の建物(別の企業)を買収してビルを合体させ、現在の姿になったのでした。

レンズはNOKTON 40mm f1.4のSCです。
実はこのレンズを買うのは2回目。
2004年に発売された時にすぐに買ったのですが、その時もSCでした。
今から思うと当時は解放ばかり使っていたのでどんなレンズか良くわかってなかったですね。
Summiluxの35mmと比べてみたり。笑

今回改めて使ってみたのですが、絞ると端正な写りというか、上品な感じです。
絞りを開いていくと、今度はかなり情緒的というかロマンチックというか、差が激しい。
そういえば、NOKTON 35mmは優等生的で使いやすいけど40mmは・・・という話を聞きました。
確かNOKTON 35mmを買う時だったかなぁ。。。確かにその通り。笑

*2021.03.17 追記
Mさんもコメントに書いてくださっていますが、35mmの方が40mmより癖がある、が正解でした。
そのように35mmを買うときに聞いたようです。
このブログの2018年12月20のページに自分で書いてる。笑
今回私も絞った時と開けた時の差が大きいと感じてはいますが、確かに癖があって使い難いとは感じてないんですよね。。。
適当な記憶で書いてはいけませんね。


Cocolog843

SONY RX100M5A 

あと鏡胴が変わっているようです。
発売当時の物はヘリコイドのトルクが一定じゃなくて途中で引っかかる感じがありました。
なんか設計がよくなかったっぽいですね。参考サイト
私は当時コシナにオーバーホールに出しましたが殆ど変わりませんでした。
今の物はその辺りが改善されているのでしょうね。トルクも一定で引っかかりもありません。

見た目もカッコいいし、安いし、良く写る。そして絞ったときと開いた時の落差が大きくて面白いレンズです。
これが4万円しないで買えるのですからありがたい。笑
ちなみにフードも35mmや50mmと共通です。


| | コメント (2)

バックネット裏/M3帰還

Cocolog838
LEITZ minolta CL NOKTON classic 35mm f1.4 MC T-MAX100 Silversalt 

平日の午前中。
野球場では保育園の園児さん達が遊んでました。
長閑。。。


ところで、話は変わりますがM3がオーバーホールから帰還しました。
とりあえずZeiss-OptonのSonnarを着けてみる。


Cocolog839

SONY RX100M5A 

報告書兼納品書によると、ファインダーの分解清掃、調整、シャッター幕交換、機構部整備、調整、巻き上げ機構分解整備、調整などが行われたようです。まぁ、普通のオーバーホールですね。

ファインダーはもともとそれほど悪くはなかったのですが、更にクリアになりましたねー。。。
あとファインダー枠が50mmのレンズを着けてるのに90mmの枠の角がちょっとだけ見えてたのが治ってます。分解清掃、調整がちゃんと行われているので気持ちいいです。
巻き上げも重かったのを整備して治してあるようです。前の状態をあまり覚えていないのですが、現状凄くスムーズです。


Cocolog840

SONY RX100M5A 

入院中にeBayで見つけて買っておいたシンクロ接点カバーを着けてみる。

M4と同じタイプのシンクロ接点に着きます。
これは真鍮色ですが、シルバーとかもあるのかな。
私のM3はシンクロ接点がM4以降のもにに変えられているのでM4用の黒い樹脂製のシンクロ接点カバーを買おうかと思っていたのですが、入院中、ヒマにまかせてeBayを漁っていてこのカバーを見つけました。
Ⅲfにも着きます。

ストラップは初めてのライカに着けていたのが家あったので、それを使うことにしました。
Artisan & Artistのコードバンストラップですが、当時は裏の色などが違ったんですよね。
もうかなり古いので黒い色が褪せて赤み掛かってきてたりしますが・・・カメラの外観も歴戦のツワモノ風なのでちょうどいいか。笑


Cocolog841

iPhone 8 

カメラは問題なくなったので後は自分ですね。。。精進せねば。笑


| | コメント (0)

Baseball Ground.

Cocolog837
LEITZ minolta CL NOKTON classic 35mm f1.4 MC T-MAX100 Silversalt 

最後に野球をしたのはいつだろう。。。
20代前半頃だったと思いますが、高校時代の部活のOB、OG、現役入り混じってお隣の市の立派な野球場でやったのを憶えてますが。。。
もしかしたらあれが最後だったかなぁ。

どちらかというと野球は見るよりやる方が好きです。
ただ今やったら確実に身体のどこかをおかしくするでしょうが。
やはり少しずつでも身体を動かしていかないといけませんね。
今は野球どころか走ることさえ覚束ないですからね。笑


| | コメント (0)

Westering sun.

Cocolog836
Leica Ⅲa Elmar 9cm f4 T-MAX400 Silversalt 

西に傾く太陽。
ビルのエントランス。

このレンズ、ボケが綺麗というか上品でいいと思います。


| | コメント (0)

Barbed wire.

Cocolog835
Leica Ⅲa Elmar 9cm f4 T-MAX400 Silversalt 

有刺鉄線。
昔からバラ線と呼んでましたが、バラ線とは薔薇線なのでしょうか?

こういう撮り方をするとなんだか殺伐とした感じだな、と思いましたが・・・どう撮っても殺伐とした感じになるな。


| | コメント (0)

決定的瞬間・・・?

Cocolog834
LEITZ minolta CL NOKTON Vintage Line 50mm f1.5 aspherical II VM SC T-MAX400 Silversalt 

まず排気ダクトが印象的なわけですが、看板にあるお店の名前がまた意味不明です。
そしてシャッターを切ろうとした時、女性が道路を横切ってフレームイン。
ブレッソンにも負けない決定的瞬間。
(いや・・・その、すみません。)


| | コメント (4)

Wait for spring.

Cocolog832
Leica Ⅲa Elmar 9cm f4 T-MAX400 Silversalt 

もうすぐ春。


Cocolog833

Leica Ⅲa Elmar 9cm f4 T-MAX400 Silversalt 

なんかこっちの写真は背景をもっと整理すれば良かった。
でもなかなかの立体感。
いいレンズですね、エルマー9cm。


| | コメント (0)

南武線

Cocolog831
LEITZ minolta CL Zeiss-Opton Sonnar 50mm f1.5 T-MAX400 Silversalt 

なんか柱が曲がってる?笑
レンズのせいでしょうか。

南武線分倍河原駅にて。


| | コメント (0)

Plum blossom.

Cocolog830
Leica Ⅲa Elmar 9cm f4 T-MAX400 Silversalt 

今日の東京は暖かい。


| | コメント (0)

Japanese white.


Cocolog828


Leica Ⅲa Elmar 9cm f4 T-MAX400 Silversalt 

お寺の白壁。
静謐な感じがいい。

もうかなり昔から所有しているエルマーの9cmですが、今までほんの数枚しか撮ってなかったという。。。
入手した頃はカメラもレンズも沢山所有していたので、90mmでf4というスペックだとなかなか出番が回ってこなかったのだろうと思います。


Cocolog829

LEITZ minolta CL Zeiss-Opton Sonnar 50mm f1.5 T-MAX400 Silversalt 

当時のメインカメラがR-D1だったので多分フィルムで使ったのは今回が初めてだと思うのですが、いやぁ、思ったよりも良かった。笑


| | コメント (0)

Updating.

Cocolog827
LEITZ minolta CL Zeiss-Opton Sonnar 50mm f1.5 T-MAX400 Silversalt 

この写真のビルの1Fにみずほ銀行があります。
週末にATMコーナーに入ったら全ての機械が取り扱い中止状態でした。
もちろん物理的なビルの改装とシステムの問題は無関係ですが、なんともタイミングが象徴的というか。

大手銀行さんのシステムは社会インフラの一部ですから、ご担当の方は大変だろうなぁ、と想像するばかりです。
システム自体は復旧しても事後処理などいろいろあると思いますが、早く全てが収束するといいですね。


| | コメント (0)

Shoes.

Cocolog826
LEITZ minolta CL Zeiss-Opton Sonnar 50mm f1.5 T-MAX400 Silversalt 

履きなれた革靴たち。
いつもありがとう。笑


| | コメント (0)

Restaurant with nobody.

Cocolog825
LEITZ minolta CL NOKTON Vintage Line 50mm f1.5 aspherical II VM SC T-MAX400 Silversalt 

誰もいないレストラン。


| | コメント (0)

Morning.

Cocolog824
LEITZ minolta CL Zeiss-Opton Sonnar 50mm f1.5 T-MAX400 Silversalt 

おはようございます。
朝のコーヒーを一杯、ゆっくり楽しめるといいですね。


| | コメント (2)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »