« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月

新宿通り夕景

Cocolog1021
Leica M3 Jupiter-8 5cm f2.0 (KMZ 1955) RPX400 Silversalt 

四谷見附あたり。

仕事が終わって麹町あたりから四谷駅に向かうときの風景。
点灯していない街燈の電灯部分の白いガラス?が西日を受けて光っててちょっと綺麗なのですが・・・
写真に撮るのはなかなか難しいですね。

話は変わりますが、今日思い切ってM10-PとM Monochromを手放し、代わりにM10-RのBlack Paintを予約してきました。
最近ほとんどデジタルカメラを使っていないということもありつつ、入院以来フィルムカメラが増えたということもあってカメラを整理しようと考えてまして・・・

はたしてスナップ主体の私に4000万画素が必要なのかはわかりませんが、ペイントというのとローレットがダイヤモンドパターンというのに惹かれました。笑
高画素機はピントや手ブレがシビアということなんで、ちょっと自信ないんですけどね。
ただ、M10-Pよりダイナミックレンジが広いのと、階調が豊かでグラデーションが美しいというのは私にとっては凄く魅力的です。

まぁ、予約しても待ってる人が沢山いらっしゃるようなので手元に来るのは当分先だと思いますが・・・
とりあえず、ピントをしっかり合わせる修行と手ブレせずにシャッターを切る修行を始めます。笑


| | コメント (2)

Graffiti under the bridge.

Cocolog1020
Leica M3 Jupiter-3 5cm f1.5 (ZOMZ 1961) TRI-X TRX2000 

最近は”落書き”ではなく、”グラフィティ”というんですね。

話は変わりますが、Tri-Xが安くならないかなぁ、というのと、ロジナールっていう現像液はどうなんでしょうか。
というのが最近の気になること。笑


| | コメント (0)

歩廊

Cocolog1019
Leica M3 ELMARIT-M 28mm f2.8 ASPH. 11606(5th) RPX400 Silversalt 

JR四ツ谷駅。


| | コメント (0)

猫は寝子

Cocolog1018
Leica M3 Jupiter-8 5cm f2.0 (KMZ 1955) RPX400 Silversalt 

猫はよく顔というか目を押さえて寝てますが、眩しいんでしょうかね。


| | コメント (0)

夏日

Cocolog1017
Leica M3 Jupiter-8 5cm f2.0 (KMZ 1955) RPX400 Silversalt 

7月の4連休、東京は夏って感じの日が続きましたね。
夏はやっぱり暑い方がいいかなぁ。
異常な暑さは勘弁ですが。


| | コメント (0)

In focus.

Cocolog1015
Leica M3 Jupiter-8 5cm f2.0 (KMZ 1955) RPX400 Silversalt 

今度はピントが合いました。笑

開放だったかf4だったか記憶が曖昧です。
多分f4かなぁ。。。

レンズは旧ソ連製のJupiter-8。
Zeiss Sonnarのコピーです。
本家と見まがう程の写り・・・と言われていますが確かに良く写ると思います。
ただ私のものはマルチコーティングなので、他のレンズも同じかどうかは微妙です。
このレンズは誰かが後からコーティングしたのかも知れません。

またJupiterは古いものの方が良いものが多いようで、後年になればなるほど品質が落ちていくという典型的な共産主義国の工業製品とのことです。
私のものは1955年製。新宿で6,000円で買ったような記憶があります。
かすかに曇っていたので、少ししてから当時渋谷にあったKing-2さんでレンズ清掃とグリス交換をしてもらいました。
実はその時に指摘されて初めてマルチコーティングだと気づいたのですが。笑


Cocolog1016

SONY RX100M5A 


他にも数本、Jupiter-8を所有してますが、この55年のやつが一番いいです。
造りと操作感はイマイチですが、軽くて良く写るのでお気に入りです。
もう20年くらい手元にあります。


| | コメント (0)

木々

Cocolog1014
Leica M3 NOKTON Vintage Line 50mm f1.5 aspherical II VM SC RPX400 Silversalt 

夏の暑い日は木陰が天国ですね。


| | コメント (0)

CHANDELIER.


Cocolog1013


LEITZ minolta CL M-ROKKOR 40mm f2 RPX400 Silversalt 

カシオペアのCHANDELIERという曲が昔から好きなんですが、それを思い出しました。
昔この曲聴いて、リー・リトナーと野呂一生、全然違うんだなーと思ったんですよね。

リー・リトナー(Gt)
ドン・グルーシン(Kb)
ネイザン・イースト(Ba)
ハーヴィー・メイソン(Dr)

野呂一生(Gt)
向谷実(Kb)
櫻井哲夫(Ba)
神保彰(Dr)

いやぁ、豪華豪華。笑


| | コメント (2)

JR四谷駅

Cocolog1012
Leica M3 ELMARIT-M 28mm f2.8 ASPH. 11606(5th) RPX400 Silversalt 

暑い日はホームで電車を待つのも大変ですね。
その分、電車に乗った時の冷たい空気がなんとも気持ちいいのですが。


| | コメント (0)

Calling.


Cocolog1011


Leica M3 ELMARIT-M 28mm f2.8 ASPH. 11606(5th) RPX400 Silversalt 

なかなか素敵な街燈。
周囲の木々がまたいい感じです。

レンズはエルマリート28mmの非球面。
コンパクトでお気に入りです。


| | コメント (0)

Someday in the rain.


Cocolog1010


Leica M3 Zeiss-Opton Sonnar 50mm f1.5 RPX400 Silversalt 

雨の風景。
写真を撮る的な視点から言えば雨の日は嫌いではありません。
そういえば南佳孝の「Vision In The Rain」という曲を昔よく聴いてましたねー。

東京も梅雨明けから数日。
今日は猛暑となりましたが、この写真は少し前、まだ梅雨の時期です。
仕事の関係でフィルムを現像する時間がとれなかった。


| | コメント (0)

ちょっとピンぼけ

Cocolog1009
Leica M3 Zeiss-Opton Sonnar 50mm f1.5 RPX400 Silversalt 

特にロバート・キャパとは関係ない内容です。笑

私は猫の毛の柔らかさが大好きなのですが、夏は寝る時にシッポで私の腕をさわさわと撫でてくれるのが最高に気持ちいいんですよね。
冬は布団の中でホカホカだし。

で、写真はこの前手に入れたM3にZeiss OptonのSonnar 5cm f1.5。
フィルムはRPX400で、現像液はSilversaltです。
いやー絞りを開けたSonnarで動きまわる猫の瞳にピントを合わせるのは私には無理です。笑
ズミクロンでも無理かなぁ。
エルマーならなんとか・・・

でもま、この写真とても気に入ったのでOK。笑


| | コメント (2)

JPタワー

Cocolog1008
Leica M3 ELMARIT-M 28mm f2.8 ASPH. 11606(5th) RPX400 Silversalt 

JPタワー。
暗くなってきた時刻に窓から見える室内の灯り・・・。
なんとなく撮りたくなります。


| | コメント (0)

萬年橋 #2

Cocolog1007
Leica M3 Summar 5cm f2.0 TRI-X TRX2000 

墨田川に注ぐ小名木川の河口からの萬年橋。

橋は撮りたくなるんですよね。
風景に変化を与えるオブジェクトの筆頭だと思います。

清澄白河にて。


| | コメント (0)

萬年橋

Cocolog1006
Leica M3 Summar 5cm f2.0 TRI-X TRX2000 

清澄白河探索の折に。


| | コメント (0)

The station square in the evening.

Cocolog1005
Leica M3 Elmar 5cm f3.5 corted(f22) RPX400 Silversalt 

夕映えの駅前広場。
4月~6月にかけて東京駅乗換えだった関係で東京駅周辺の写真が結構多い。笑


| | コメント (2)

湧き水

Cocolog1004
Leica M3 NOKTON Vintage Line 50mm f1.5 aspherical II VM SC RPX400 Silversalt 

今日は真夏日でした。
冷たい湧き水を。


| | コメント (0)

西日差す歩道

Cocolog1003
Leica M3 Elmar 5cm f3.5 corted(f22) RPX400 Silversalt 

街路樹の勢いが凄くて暗くなっている歩道ですが西日が差し込んで綺麗でした。


| | コメント (0)

東京駅丸の内南口と鏡面仕上げのビル

Cocolog1002
LEITZ minolta CL M-ROKKOR 40mm f2 RPX400 Silversalt 

後の建設中のビルのミラー感がすごい。笑


| | コメント (0)

雨 #2

Cocolog1001
Leica M3 NOKTON Vintage Line 50mm f1.5 aspherical II VM SC RPX400 Silversalt 

ピントが甘いですね。
いや、傘がずれそうで・・・笑


| | コメント (0)

Cocolog1000
Leica M3 NOKTON Vintage Line 50mm f1.5 aspherical II VM SC RPX400 Silversalt 

雨の日は雨を撮る。
アタマと肩で傘を支えながら撮るのは地味に大変。笑


| | コメント (0)

Raindrop.

Cocolog999
Leica M3 NOKTON Vintage Line 50mm f1.5 aspherical II VM SC RPX400 Silversalt 

雨の日。
何事もなく日々が過ぎていくことはとても幸せなことですね。
願わくば全ての人々のもとに穏やかな日々を。


| | コメント (2)

雑記:ライカのシャッターなど


Cocolog990


Leica M3 NOKTON Vintage Line 50mm f1.5 aspherical II VM SC RPX400 Silversalt 

カメラ好きはカメラのシャッター音を気にする人が多いですよね。
特にライカに関しては静かさにこだわる人が多いように思います。
実際、一眼レフのようにミラーがカメラ内で大きく動くことのない構造なので静かなのは確かですね。
シャッター幕もフィルムライカは布製ですから金属的な音が出にくいのだろうと思います。

私の使ったことのあるライカで一番静かだったのは、前のブログにも書きましたが、70万番台のM3でした。
「コトッ」とか「ポトッ」とか、「パタッ」という感じの音で金属的な響きがなかったですね。
いい音というよりも優しい音で、精神的に癒されるというか。笑
多分M10-Pはこの音を目指したんだろうな、と思います。


Cocolog991

「Leica M3 1958」 SONY RX100M5A 

よくあるのは「チャッ」というような、音量は大きくないのですが、金属的な響きがある感じの音。
M型はそういう感じのカメラが多い気がします。私のM3も58年の方はこの系統の音がします。
最近手に入れた64年=後期型は「タッ」とか「カタッ」という感じの音で金属的な響きがなく、こちらの方が癒し系ですね。方向性としては上記の70万番代に近いような気がします。
この2台を比べると、操作が軽いのは58年の方で、使い込んであるし部品も交換されているので百戦錬磨な感じです。
64年の方は操作はスムーズでとても気持ちいいのですが、58年のように軽いという感じではなく、しっとりとした感じというか。


Cocolog992

「Leica M3 1964」 SONY RX100M5A 

64年はトップカバーのシリアルのところにはっきりとしたスレがあるし、底蓋にもスレが結構ありますが、キズやアタリはありません。トップカバーのメッキが少し白っぽい感じもあって、早田カメラの早田さんとも話したのですが、ライツがメッキの質を変えたのかも知れないけど、何より全然使ってないカメラですね、と。

ライカも70万番とか80万番あたりまでは結構買った人=使う人の時代だったらしいのですが、後期になるとお金持ちのコレクションになってしまって、買って少し使ったら仕舞い込んでしまい、使われなかった個体が多いらしいです。私の64年はウィーンで仕入れたとのことでしたが、特にあの近辺にはそういうライカがあるみたいです。これが使い込まれてくるとメッキの色も少し深みが出てきて白っぽさも抜けてくるようですね。


Cocolog993

「Leica M3 1964」 SONY RX100M5A 

そしてこのカメラのシャッターに関してですが、早田さん曰く、
「このカメラはもっとシャッターを切ってやらないと。」とのことでした。
確かにバックドアを開けてスプロケット?など見てもすごく綺麗なんですよね。
今まで私が使ったM型は結構黒い塗装が剥げて茶色くなってたりしたのですが、本当に使ってないんだろうな、という感じです。
「あと5年たったらオーバーホールに持ってきてください。そうしたらもっとシャッターは静かになるし、さらにもう一度、2回目のオーバーホールをするともっと静かになりますよ。」ということですので、少なくとも10年はがんばって使わないといけない状況になりました。笑

やはりライカは頑丈なカメラなんですよね。どんどん使った方がいい。

シャッター音に関しては、昔何かで早田さんのインタビュー記事か何かを読んだのですが、静かにしようとすればシャッターのテンションを下げればかなり静かになると。ただそうすると高速が安定しなくなるので、そのバランスが難しいと。
ちなみにハヤタ・カメララボでオーバーホールをお願いすると、シャッターに関してはフィーリング重視か、バランス(おまかせ)かを指定できます。あと性能重視というのもあったかな?笑
私はいつもおまかせ、でお願いしてます。
作業は早田さんのお弟子さんの技術者の方々が担当してくれます。


Cocolog994

「Leica Ⅲf 1951」 SONY RX100M5A 

で、次にバルナックの場合ですが、ボディの質量が小さいためなんでしょうか、シャッターの音もショックもM型より大きく感じます。
操作感に関しては、ⅢfとⅢaで比べると、Ⅲfはベアリングを使っているのでスムーズですが、ゴロゴロといった感触が手に伝わります。
対してⅢaはベアリングを使ってないので、ゴロゴロ感はないです。ただ私のⅢaは巻き上げなどがウルトラスムーズなので、ベアリングのゴロゴロ感がない分Ⅲfより感触がいいですね。
普通はベアリングを使った方が軽く回ると思うのですが、板金ライカ恐るべしです。笑
で、板金ライカが全て同じかというと私の所有しているスタンダードやⅠ型改Ⅱ型はここまでスムーズではないので、これも個体差でしょうね。


Cocolog995

「Leica Ⅲa 1935」 SONY RX100M5A 

で、最後にシャッター音というかフィーリングで私的な順位をつけるとすると、1番は昔使っていた70万番台=54年のM3で、次は最近入手した64年のM3、3位は10年くらい前に使っていた後塗りブラックペイントのM3かなぁ・・・このカメラも70万番台も既に手元にありませんが。
ライカとは言えないかも知れませんが、今使っているLEITZ minolta CLも結構静かというか、柔らかい音でいいフィーリングです。


Cocolog996

「Leica M3 Postcoat black paint (not original)」 EOS Kiss Digital EF 50mm f1.8 II 


Cocolog997

「LEITZ minolta CL」 SONY RX100M5A 

なんだかとりとめのない雑記になってしまいました。笑
あとこれも前のブログで書きましたが、常用している現像液がそろそろ少なくなってきてまして。。。
販売しているSilversaltさんのサイトをちょくちょく覗いていたのですが、それがやっと入荷しまして、すぐに注文しました。


Cocolog998

SONY RX100M5A 

まぁ、この現像液ではありませんが、TRX2000というのがまだ少々あるので大丈夫と言えば大丈夫だったのですが、
とりあえず良かった良かった。笑
現像といえば、この季節になると水温が高めなので現像するときに手早くやろうとすると氷必須ですね。
あと発砲スチロールのクーラーと保冷剤も。笑


| | コメント (0)

M3とエルマリート、時々CL

Cocolog979
LEITZ minolta CL ELMARIT-M 28mm f2.8 ASPH. 11606(5th) RPX400 Silversalt 

私の使っているM3は中期型、58年だと思いますが、エルマリートの非球面モデルが装着できません。
レンズ脱着ボタンのガイドにレンズの赤い指標が干渉します。
ですので、上の写真もそうですがとりあえずLEITZ minolta CLに装着して撮ってます。


Cocolog980

SONY RX100M5A 

こんな感じでコンパクトで良いです。ファインダーはZEISS IKONです。
このファインダー、前後に長いのでCLに着けてみると少し大きく感じます。


Cocolog981

SONY RX100M5A 

こちらのファインダーはNikonのデジタルカメラP6000用です。
黒いし前後長がちょうどいいので、こちらの方がしっくりくるかも。
NH-VF28というモデルですが、まぁ、CosinaというかVoigtlanderブランドで出ていたものとモノは同じだと思います。
価格的にはVoigtlanderと書いてあるものより安く出回ってるようですね。

で、実はここからが本題なのですが、後期型のM3を入手しました。笑
半年前からこのカメラの存在は知っていたのですが、M3は既に持ってましたので。。。
ところがエルマリートが自分のM3に着かないのと、半年間考えてそれでも気になっているなら、まぁ買ってもいいかな、ということで購入することにしました。
(なぜ気になっていたかというと製造年が私と同じなんです。笑)
浅草の早田カメラさんで買ったのですが、私が使っている間はずっと修理代は無料(部品代は必要です)なのもありがたい。あと買う時に言われて思い出したのですが、私はハヤタ・カメララボの会員なので1割引きで買えますし。

で、問題のレンズ脱着ボタンとガイドなのですが・・・


Cocolog982

SONY RX100M5A 


中期型まではこんな感じでボタンも丸く、ガイドもそれをぐるっと囲んでます。
それが後期型は・・・


Cocolog983

SONY RX100M5A 

ボタンもガイドもカットしてある感じです。
これであれば、エルマリートの赤い指標が干渉しません。


Cocolog984

SONY RX100M5A 


こんな感じです。
しかし、レンズの赤い指標ですが、こんなに出っ張らせる必要あるんでしょうかね。笑
これって多分接着してあるだけだと思うのですが、たまに取れてるレンズありますよね。
あれって、長年使っているうちに取れてしまったんだと思ってましたが、もしかしたら意図して外されたのかも知れませんね。


Cocolog985

SONY RX100M5A 


M3って長い間作られていたので色々なバージョンの変遷がまた面白い。
あとライカって、よくシャッターの音が話題になりますが、確かに物凄く静かな個体ってありますね。
私史上最も静かだったライカは70万番台のM3でした。「コトッ」というか「ポトッ」というか、金属的な響きが殆どない感じですごく優しい音でした。
じゃぁ、70万番台なら全部静かなのかというとそうでもないという。笑
整備する人の違い、使われ方の違い、部品の摩耗など、色々な要素が絡み合ってシャッターのフィーリングが出来上がっているのだと思います。


Cocolog986

SONY RX100M5A 

後期型なので、背面のASAの表記は1300まであります。
シンクロキャップが片方着いてません。
フラッシュを使うときにアダプタを付けるために外して、そのままになっている個体が結構ありますよね。
これもそうなのかも知れません。


Cocolog987

SONY RX100M5A 


Cocolog989

SONY RX100M5A 

ライカのシャッター音については早田さんにお話を聞いたりしたので、また別の機会にでも書こうかと思います。
今日は久しぶりにカメラについてのブログになりました。笑


| | コメント (2)

Entrance.


Cocolog978


LEITZ minolta CL ELMARIT-M 28mm f2.8 ASPH. 11606(5th) RPX400 Silversalt 

東京駅丸の内南口のJPタワー。
エントランスの目の前が信号なんですよね。
そして信号を渡ると東京駅。
なんという一等地。笑
まぁ、元は東京中央郵便局ですから当たり前ですが。

この写真の現像にも使用してますが、常用している現像液がそろそろ少なくなってきてまして、
注文しようと思っていたのですが、ずっと品切れ状態でした。
それが、昨晩、お店のサイトを覗いたら入荷してまして早速注文。
先ほど出荷完了のメールが届きました。
良かった良かった。^^

| | コメント (0)

Wait for departure.

Cocolog977
Leica M3 Elmar 5cm f3.5 TRI-X TRX2000 

浅草駅。
出発を待っている銀座線。


| | コメント (2)

Tokyo in the rain. #3

Cocolog976
Leica Ⅲa W-NIKKOR・C 3.5cm f3.5 RPX400 Silversalt 

雨に濡れた日暮れの東京。
モノクロだと晴れた日より綺麗な気がします。


| | コメント (0)

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »