現像

Shinjuku in the rain. #16

Cocolog1466
Leica M10-R NIKKOR-H・C 5cm f2 

この写真も新宿西口で撮影。
ビックカメラ前のデッキです。

このレンズ、カラーで使うといいなぁ・・・使いやすい。
Lightroomで彩度を中心に少し調整していますが好みの感じです。
M10-Rのセンサーが私の好みに合っているだけかも知れませんが。


| | コメント (0)

西新宿一丁目

Cocolog1447
Leica M3 NIKKOR-H・C 5cm f2 T-MAX100 Rodinal 

この写真ですが、右の男性の背中の位置に横一文字に白い線が入ってました。
ネガを確認したところ、どうやらキズのようで、パッと見は背中にそういう柄が入っているのかな、という感じ。笑
ちょうど指に染料を付けて横にグーっと伸ばしたような。

スポット修正を繰り返して修正しようと思ったのですが、イマイチ不自然。
まぁいいか、と諦めかけたのですが、試しにPhotshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」を試してみたら見事にキズが消えました。
作業的には投げ縄ツールでの囲み方とか何回か試行錯誤したのですが、それほど苦労することなくうまく修正できたのは驚き。

最近の画像処理の技術ってすごいですね。笑


| | コメント (0)

現像時間

Cocolog1420
CANON AUTOBOY CANON LENS 38mm f2.8 T-MAX400 Rodinal 

夏は水の温度が高いので、フィルム現像がちょっと面倒です。
現像で使用する薬液は、だいたい20℃を標準として現像時間が指定されているので、薬液が20℃であれば話は簡単。
今頃の時期は水道水でも25℃とかですから温度が高いわけで・・・
冷たい水の温度を上げるより、温かい水の温度を下げる方が大変なんですよね。
今までは、氷を使ったり、発砲スチロールのBOXに冷媒を入れ、そこに薬液を入れておいて冷やしたりしてました。

しかし少々この方法は面倒なので、今回は現像時間の方で調整する方法を試してみました。
(キヤノンオートボーイのテスト撮影のフィルムなので失敗しても問題ないし。笑)

私が使った現像液の場合、Kodak T-MAX400だと20℃で12分の現像時間なのですが、昨日は水温が25℃だったので7分30秒でOK。
本当はフィルムも24枚撮りだったので、36枚撮りを現像する場合より薬液を希釈するのが正しいのでしょうが、36枚撮り1本を現像するのに必要な現像液が僅か6ml。笑
24枚撮りだと4mlでいいのでしょうか。なんだかもう誤差の範囲です。
面倒なので適当に5~6mlくらいでやってみました。
結果的には特に問題なかったのですが、強いて言えば、ややコントラストが強く出てるかもしれません。
カメラ(の露出)のせいなのか、水温か時間か、希釈なのか。。。
本来なら何かを変えてみる場合、変更するところ以外はいつもの環境で試してみるべきなんでしょうね。
とはいえお風呂場現像ですからね。完璧な環境など準備できるわけもなく、毎回何かが違うわけで・・・笑
なので何をどうするとどうなるか、という大まかな傾向だけ知っておけば、あとはスキャン後に調整する感じで。
・・・適当です。笑


| | コメント (2)

Cocolog1342
LEITZ minolta CL M-ROKKOR 40mm f2 T-MAX400 Rodinal 

ここのところ暖かくて、夏かというような気温の日もありましたが、木~金曜日は雨。
夜は少し寒かったりしました。

この季節はフィルム現像がしやすいです。
薬液の温度を20℃に保つのが楽。笑

高田馬場。


| | コメント (0)

飾られた写真 #2

Cocolog1252
Leica M10-R Summar 5cm f2.0 

Elmarの9cmから、レンズをSummar 5cmに替えて撮りました。
露出表示を見ずに適当に撮ったので思いっきりアンダーだったのを、現像時に持ち上げました。
ファインダーに集中すると露出のことがすっかりアタマから抜けてしまうという・・・笑
まぁ、なんというか、「Summarでも使ってみようかな」、的な感じで撮ったというのもあるのですが。


| | コメント (0)

陽のあたる外階段

Cocolog1226
Leica M3 Summicron 5cm f2 collapsible L T-MAX400 Rodinal 

今回、このフィルムを現像する際に、恒温バットを使いました。
もう10年くらい前にフィルム現像に挑戦したくてヤフオクか何かで入手しました。
準備が面倒ですが現像中の薬液の温度管理が楽になっていいですね。
実は昨年の冬にも一度使ってみたのですが、慣れてなくてあまり楽にならなかった。笑
今回は現像自体に慣れていることもあり、段取りよく使うことができて楽でした。
現像の結果も良かった気がします。


| | コメント (4)

駅へ

Cocolog1201
Leica M10-R HELIAR Classic 50mm F1.5 

M10-RのRAWをLightroomのプリセットでモノクロ現像。
レンズはHELIAR。

新宿。


| | コメント (2)

木のテーブル

Cocolog1181
Leica M10-R Summicron 5cm f2 collapsible L 

近所の森にある木のテーブルなんですが、午後3時少し前の撮影。
柔らかい光で撮りやすい時間帯ですね。
木のテーブルの質感が良く出ていると思います。
立体感もいい感じです。
レンズはLマウントの沈胴ズミクロン。
1955年製ですが、さすがズミクロンのf4。

M10-Rが来てからLightroomでの現像時のパラメーターを少し研究しています。
今までほとんど触ってなかったので、各種のパラメーターの意味とか調べながらなんですが、面白いですね。
お正月は楽しめそう。


| | コメント (2)

Marunouchi in 2018. #2

Cocolog1170
Leica M10 SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH. 

2018年に撮った写真です。
M10-Rが来てから、Lightroomの現像パラメーターをちょこちょこ研究してます。
その一環で昔撮影した写真を弄っているのですが、これもそのうちの一枚。
カメラはM10でレンズはSummilux 50mm Asph.ですね。

そう言えば、M10-Pが出たときにシャッター音の静かさが話題になりました。
私も感動してM10から買い替えたんですけど、M10-Rを受け取りに行った際に、お試し用に置いてあるM10のシャッターを切ってみました。
当時も思ってはいたのですが、あの音を含めたフィーリングは悪くないですね。
totoが当たったら、Summlux 35mm Asph.と、もう一度M10を買おう。笑


| | コメント (0)

朝の運河


Cocolog1153


RICOH GRⅢ 

先日から晴海、月島あたりの写真を見ていただいていますが、今週も晴海で仕事をしてまして、今日は少し早めに現地に着いたので軽くスナップしました。
私はどちらかというと夜型なので、朝は寝ていることが多いのですが、やっぱり朝の光っていいですね。笑

カメラはRICOH GRⅢ。
私はどんなカメラでもマニュアル露出で撮ることが多い(なんとなく・・・)のですが、なぜか今朝は絞り優先AEに設定されていて、尚且つSONY RX100M5Aと操作を混同してしまってわけわからなくなったり。笑

また、帰ってきて気づいたのですが、画像の記録形式がRAW+JPEGで、イメージコントロールがPosi(ポジ)になってまして、これもいつもと違ってました。
まぁ、あんまり拘りがあるわけではないし、JPEGのPosi(ポジ)は好きなのでOKなのですが、これまたなんとなくこのJPEG画像にLightroomのプリセットの、「白黒コントラスト(低)」を当ててみたら、これがなかなか好みのトーン。笑

なるほど、早起きは三文の得。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Angenieux 35mm f2.5 CANON AF35M AUTOBOY CANON LENS 38mm f2.8 CANON LENS 50mm f1.8 II COLOR-SKOPAR 21mm f4 L COLOR-SKOPAR Vintage Line 21mm f3.5 Asph VM EF50mm f1.8 II Elmar 5cm f3.5 Elmar 5cm f3.5 corted(f22 1950) Elmar 5cm f3.5 corted(f22 1952) Elmar 5cm f3.5 old model Elmar 9cm f4 Elmarit 28mm f2.8 2nd ELMARIT-M 28mm f2.8 ASPH. 11606(5th) ELMARIT-M 28mm f2.8 Pre-ASPH.(4th) EOS Kiss Digital N FED 50mm f3.5 FinePix X100 FUJIFILM X-E2 FUJIFILM X-Pro2 FUJIFILM X20 HELIAR Classic 50mm F1.5 HELIAR Vintage Line 50mm F3.5 iPhone 13 mini iPhone 4S iPhone6 iPhone8 Jupiter-12 3.5cm f2.8 (KMZ 1956) Jupiter-12 3.5cm f2.8 (LZOS 1960) Jupiter-3 5cm f1.5 (ZOMZ 1961) Jupiter-8 50mm f2.0 (KMZ 1963) Jupiter-8 5cm f2.0 (KMZ 1955) Leica DⅡ Leica M Monochrom Leica M10 Leica M10 Monochrom Leitz Wetzlar Leica M10-P Leica M10-R Black Paint Leica M3 (1958) Leica M3 (1964) Leica M9 Leica M9-P Leica Standard(E) Leica Ⅲa Leica Ⅲf BD LEITZ minolta CL M-ROKKOR 40mm f2 (for CLE) NEOPAN 400 PRESTO NIKKOR-H・C 5cm f2 Nikon Coolscan Ⅳ ED NOKTON 50mm f1.5 Asph L NOKTON classic 35mm f1.4 MC VM NOKTON classic 40mm f1.4 SC VM NOKTON VL 50mm f1.5 Asph II VM SC NOKTON VL 50mm f1.5 Asph VM RICOH GR DIGITAL RICOH GR DIGITAL Ⅳ RICOH GRⅢ Rodinal RPX100 RPX400 Russar MR-2 20mm f5.6 Shinjuku in the rain. Silver Efex Pro 2 SilverFast8 Silversalt SONY RX100M5A Summar 5cm f2 SUMMARON 35mm f2.8 Summicron 5cm f2 Summicron 5cm f2 collapsible L SUMMICRON-M 50mm f2.0(6bit) SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH. Summitar 5cm f2 T-MAX100 T-MAX400 TRI-X TRX2000 ULTRON Vintage Line 35mm F2 Asph TypeⅡ Vuescan W-NIKKOR・C 3.5cm f2.5 W-NIKKOR・C 3.5cm f3.5 XF14mm f2.8 R XF23mm f1.4 R XF27mm f2.8 XF35mm f1.4 R XF35mm f2.0 WR Zeiss-Opton Sonnar 50mm f1.5 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 カメラ グルメ・クッキング スナップ スポーツ スマートフォン・タブレット ソフトウェア バイク パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ フィルム ペット モノクロ レンズ 住まい・インテリア 写真 写真集 哲学・心理学とか 学問・資格 心と体 恋愛 携帯電話 撮影技術 文具 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 旧ソ連のレンズ・カメラ 映画・テレビ 書籍・雑誌 現像 経済・政治・国際 美容・コスメ 趣味 道具 音楽