FinePix X100

フィルムを装填したカメラは弾丸を装填した銃に似ている


Cocolog238


FUJIFILM FinePix X100 RAW FILE CONVERTER(絞りf8.0)

フィルムを装填したカメラは、弾丸を装填した銃と似ている。
手にした時の感覚の話だ。
と言っても、弾丸を装填した銃を触ったことはない。
せいぜいエアガンだが、エアガンだって銃だ。

デジタルカメラに充電したバッテリを入れ、フォーマットしたSDカードを
装填しても、フィルムカメラにフィルムを装填した時とは感じが違う。
デジタルの場合は、ただ空だなぁ、と思うだけだ。


Cocolog239


FUJIFILM FinePix X100 RAW FILE CONVERTER(絞り開放)

何が違うのかを考えてみたが、思いついたのは撮影可能枚数だ。
フィルムだと24枚とか36枚とかだが、デジタルだと400枚とか800枚とか。

デジタルは数えていられないくらい沢山撮れてしまう。
フィルムカメラの場合は、残りの撮影可能枚数を意識するが、
デジタルはほとんど意識しない。
その辺が銃と違うのかもしれない。

銃の場合、残弾を把握するのは大切なことだと思うのだ。
フィルムカメラも同じ。
シャッターチャンスにフィルム切れ、は困る。

昔はそんなことがよくあった、と書こうと思ったが・・・
そんなに頻繁にあったわけでもなかった。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

X100と海。。。そして今日M9-Pが帰還


Cocolog224


FUJIFILM FinePix X100 RAW FILE CONVERTER

曇りの日の海はなかなか好きだ。
写真が撮りやすい。
サーファーも絵になるし。
ちなみにこの写真は10月14日に撮ったものだ。
ちょっと雨も降った。

ところで今日、M9-Pが修理から帰ってきた。
結果から言うと、ライカジャパンで症状が出ず、点検だけで帰ってきた。

ただ、過去に電源が入らないというような症例はいろいろあったようで、納品書の修理内容のところに
いろいろと連絡事項が書いてあって、なるほど、という感じだ。

1.カメラでSDカードをフォーマットしていない。
2.大容量のSDカードを使っていて内部に多くのデータが存在。
3.撮影画像の消去をカメラで行い、結果、カード内でデータが断片化。
4.何らかの要因で破損画像データが残っている。

というようなことが原因で、電源が入ったり入らなかったり(実際は入っているがスタックしている)するらしい。


Cocolog225


FUJIFILM FinePix X100 RAW FILE CONVERTER

確かに私は16GBとか32GBのSDカードを使っていて、カメラ本体で画像を消去している。
これでデータが断片化している可能性は高い。

カメラ本体での消去だと、画像データ本体は消えず、インデックスのみクリアとなる。
そのまま使うと、画像データの実体が残ったカードに新しい画像データを記録することになり、
断片化が進む。

M9-Pは電源がONになったときにSDカードを読みにいき、それで起動に時間がかかることがあったり、
カードの状態によってはスタックしたりするようだ。

そんなことからだろう、ライカジャパンによるとカードは消去ではなく、ときどきフォーマットした方がいいらしい。
これは普通のフォーマットでいいのだろうか。それとも物理消去だろうか。
物理消去は時間がかかるので面倒なのだが。


Cocolog226


FUJIFILM FinePix X100 RAW FILE CONVERTER

それから、私が使っていた32GBのカードはUHS-I規格に対応したSandiskのやつなのだが、
正式にはM9-PはUHS-Iには対応していないらしい。
対応機器でなければ普通のclass10のカードとして動作するはずだが、ちょっと不安ではある。

なので、UHS-I非対応で、ライカで動作確認済みのカードを探したのだけど、
もうそんな古いカードはなかなかない。(笑)
ネットで探しまくって8GBを2枚と16GBを2枚注文してみた。
あと、手元にあるM9時代に使っていたSandiskの16GBがUHS-I非対応だったので、
これをM9-Pで物理フォーマット(物理消去)した。
また、去年X100を買った時に購入したのか、X100で使っていたカードがTranscendの16GBで、
UHS-I非対応らしく、これを使うことにした。

安心の国産X100には32GBのUHS-I規格に対応したSandiskを使おう。(笑)


Cocolog227


FUJIFILM FinePix X100 RAW FILE CONVERTER

そういえば、新しいLeica MとM-Eが出たが、少々驚いたのがその価格だ。
M-EはほとんどM9-Pとスペックは同じなのに思ったより安い。
同じく、思ったよりMの値段も安かった。こうなるとM9-Pが割高に感じてしまう。

だが私は”動画撮影機能のない”、カメラが欲しい。軍艦部に”Leicaの彫りこみ”が欲しい。(笑)
シアンドリフトとSDカードまわりの不安定さはいただけないが。(汗)

新しいMが出たということは、M9、M9-Pは作られなくなるのだろうか。
Leica社はそれほど規模の大きな会社でもないし。

動画撮影機能がなくて、軍艦部にLeicaの彫りこみがあるM型のデジタルはM9-Pが唯一で、
もう作られないのなら、今買っておいて良かったということか。。。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南にX100


Cocolog223


FUJIFILM FinePix X100 RAW FILE CONVERTER

ブログのデザインをリニューアルした。
今度は明るいイメージで。
レイアウトも開放的な感じにして、写真も大きくしてみた。

上の写真は湘南で撮った。
M9-Pが修理中なのでX100を久しぶりに持ち出したのだが、X100のRAWはかなりあっさりというか、
おとなしいというか、控え目な感じで、あくまでも加工調整を前提とした素材という感じだ。
そのため現像時に多少手を加えた方がいいケースが多いと思う。
この写真も多少調整して現像したものだが、RAWデータの扱いは不慣れなところがあるので、
まだまだこれからだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝休日

Cocolog211
FUJIFILM FinePix X100 RAW FILE CONVERTER

今日は台風の影響か、降ったり晴れたり曇ったりと不安定な天気だった。地元のお祭りの最終日だが、行く気も起きないので、ずーっと猫と寝ていた。

まぁ、こういう日もあっていいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M9-P SUMMICRON-M 50mm f2.0 (6bit)

Cocolog192
Leica M9-P SUMMICRON-M 50mm f2.0 11826 Lightroom 4.1

M9-Pを使いだした。やはりローパスフィルターのないシャープな画像は良い。
中身はM9と同じだが、外観が違うと気分も違う。
M9の赤バッジも嫌いではなかったのだけど、軍幹部のLeicaの彫り込みはあった方が良いな。

レンズは6bitコード付きのズミクロン50mm。
ヨドバシカメラのサイト、R A N G E F I N D E Rを見て、このレンズの絵がすごく気に入った。
M9-Pにはこのズミクロンが付けっぱなしになりそうな気がする。
M9のときも結局ズミクロンの50mmを付けてる時間が一番長かったし。
ズミルックスの35ミリとか50ミリにも興味はあるが、高くて手が出ない。
そのうち縁があれば手に入る・・・といいな。ww

M10には動画撮影機能がついたり、EVFのすごいのが付いたりするらしいが、古いレンズは使えるのだろうか。
私的にはレンジファインダーのマニュアル機が好きなので、どうでもいいっちゃいいのだけど。

Cocolog191
FUJIFILM FinePix X100 RAW FILE CONVERTER

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隣町へ行った。

Cocolog189
FUJIFILM FinePix X100 RAW FILE CONVERTER

今日は土曜日だが、ちょっとやることがあったので会社に行った。
一仕事終えて、本を買うために隣町へ。昨日もiPhone4Sの予約のために来たので連続だ。ちょっと効率悪い気もするが、まぁ、そういうものだ。

本を買ったあと、少しぶらぶらしていたら上の写真の猫に出会った。まるまるとして可愛い猫だった。あ、そうそう猫だけじゃなくて偶然従兄弟にも会ったりした。歩いて5分くらいのところに住んでいるのに、親戚の集まりでもないと会ったりすることもない。それなのに出先で会うというのも不思議なものだ。

Cocolog190
FUJIFILM FinePix X100 RAW FILE CONVERTER

そんな感じでぶらぶらしていたら、やたらフォトジェニックなVWバンを発見。
格好いいなぁ。

iPhoneは現在3GSの32GBを使っているが、実は今の3GSで不満があるわけでもない。ただ、4Sにすると月々の支払が少し安くなることが判明した。
今の3GSの32GBだが、殆どメモリーを使っていない。私はそれほど沢山音楽や動画を入れるわけでもないので、実は16GBで十分だった。現在分割にしている端末代金はまだ支払い完了していないのだが、残債はキャンペーンでキャッシュバックされるとのこと。そんなこともあって機種変更には余計な出費もなし。更に今度は16GBの機種にするので、分割している端末代金が少し安くなる。結果的に月々の支払いが少し小さくなるのだ。分割にしておいてよかった。
ただし、14日に本当に発売されるのかは保証ないらしい。また発売されても数量によっては私の分はないかも。
まぁ、そんなに急いで欲しいわけでもないのでそれは問題ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X100とFUJINON 23mm f2.0

Cocolog186
EOS Kiss Digital with EF 50mm f1.8 II

↑少しブレた。(汗)
私のX100はこんな感じなのだが、このカメラはサイズ的にも使いやすいと思う。
アクセサリシューにThumsUpというのを付けているので、ここに右手の親指をかけると持ちやすい。
ケースとストラップはULYSSESE。レンズフードはU.N.のスクエアーフード。フード装着のためのアダプタは純正品。

レンズのFUJINON 23mm f2.0は、色々なところで言われているように開放だと柔らかい写りだ。
少しズミルックスっぽいというか、マクロだと滲む感じ。
絞れば線が細いシャープな感じで、ここもズミルックスっぽい。

Cocolog187
FUJIFILM FinePix X100 開放 マクロモード

これはマクロ。こういう感じは好きだ。
左の1本挿しの黒いペンシースにはDolcevita piston fillingが入っている。確かPILOTのTRENDER LEATHERのペンシースなのだけど、サイズはちょうどいい。真ん中の2本挿しのペンシースはPILOTとSOMESのコラボ品で、メモ帳用のプラチナ3776の超極細と通常使用のためのPelikan M800のEFを入れている。
右の2本のペンは、左がONOTOのTHE PEN 6233 44でプランジャーフィラー。多分1938年頃のペンだが、弾力のあるペン先が気持ちいい。右は丸善のストリームライン・オノトモデル。ペン先はFだがすごく細めで、M800のEFより細いと思う。万年筆自体はPILOT製だったはず。ちょっと軽すぎる感じだが、書きやすい。

Cocolog188
FUJIFILM FinePix X100 開放

開放の普通の撮影。
このペンはDELTAのDolcevita piston filling。
太いけど、意外に持ちやすくて書きやすい。オレンジの軸が綺麗で気に入っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末にやったこと:Z1の手入れとX100のRAW。

Cocolog183
FUJIFILM FinePix X100 RAW FILE CONVERTER powerd by SILKYPIX ”フィルム調A”

Z1の手入れを怠っていたので、そこここに錆が出てしまった。
↑の部品はリアブレーキのペダル部分のリンケージだが、錆がヒドイので外して磨いて塗装した。綺麗に仕上げるよりも、しっかり塗装することを目指した。もとより見た目はあまり気にしていないのだが、汚くなければOKということで、なんとか完了した。
次は、エンジンに白くアルミ錆が浮いているので、磨いて防錆スプレーで処理する予定。その後、外した部品を組み付けるのとパワーフィルターの掃除だ。楽しい。。。けどちょっと面倒。

Cocolog184
FUJIFILM FinePix X100 RAW FILE CONVERTER powerd by SILKYPIX ”フィルム調A”

X100のRAWを使ってみた。添付のソフト「RAW FILE CONVERTER powerd by SILKYPIX」をさんざん弄ってやっと慣れてきたところだ。M9を使っていた時は「Adobe Photoshop Lightroom 2.X」だったので色々とインターフェースの違いで戸惑った。どちらがいいかと問われれば、慣れている分Lightroomの方がいいかも知れないのだが、X100に対応しているのはLightroom3.0からなので、新たに買うのもなかなかキツイ。なので、SILKYPIXを使い込む方向で。

Cocolog185
FUJIFILM FinePix X100 RAW FILE CONVERTER powerd by SILKYPIX ”フィルム調K”

なんとなく、カラーもモノクロも思うような色やトーンが出せるようになる気がしてきた。
よかったよかった。

↑は愛用のプラチナ3776セルロイド べっ甲。
セルロイドの手触りが最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X100 純正レンズフードのあれこれ

Cocolog180
FUJIFILM FinePix X100

先日、X100のレンズフードを買った。純正品の中古。
このフードは一緒にアダプターがついてくる。
フードを装着するには、レンズの先端のリングを反時計回りに回して外し、そこにこのアダプターをねじ込む。
アダプターには爪が外向きに3箇所ついていて、フードはこの爪に引っ掛けて止める方式になっている。
(ネットで、「まずフードにアダプターを取り付け、そしてそれをレンズにねじ込む。フードをつけたり外したりするたびにねじを使う・・・」と書いてあるブログがあったが、アダプターはレンズにつけておいて、フードは爪に引っ掛ける方式でつけたり外したりするのだと思う。)

で、このアダプターだが、レンズにつけるには上述の通りねじ込む方式だ。ねじが締まりきったときに、まっすぐ付けばいいのだが、私のものは少し行き過ぎて止まる。まっすぐつかない。なにぶん、ねじだけにこういうこともある。
ただのリングなら関係ないのだが、3箇所爪がついているので、カメラを正面からみた時に、綺麗に爪の一つが真上に来て欲しい。それが少し回りすぎの位置で止まる。
レンズフードにはファインダーからの視野を邪魔しないようにスリットがあるのだが、それも曲がる。実用上は問題のないレベルなのだが、実は私はこういうのが気になるタイプなのだ。

Cocolog181
FUJIFILM FinePix X100

どうしようかと、一晩考えて、カメラを持ってフードを買った店に行くことにした。
店で事情を話すと快く別のフードを持ってきてくれた。カメラに装着して確認したところ、今度のやつはバッチリ爪の一つが真上にくる。そんなわけで交換してもらうことができた。
比較的新しいカメラなので、中古のフードもほぼ新品状態のものばかりで、価格も前のと同じだった。

Cocolog182
FUJIFILM FinePix X100

アダプターの個体差だったのだろうが、これが新品だと見開封なわけで、なかなかカメラにつけて試してみることもできないのではないだろうか。
それに通販だったりすると、多少アダプターの止まる位置がズレていても、なかなか交換してもらうのも面倒だ。

アダプターの装着方法を変えるか、何か対策が必要な気がする。
そもそもフードを取り付ける爪自体を最初からレンズ側に用意しておくことはできなかったのだろうか。
アダプターを付けたレンズのルックスは、爪がいいアクセントになっていて結構格好いいと思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

使いこなす、楽しむ、工夫する。

Cocolog176
FUJIFILM FinePix X100  Film simulation "ASTIA".

ピントが合ってなかった↑。w
まぁ、なんとなく写真自体はいい感じに見える。
まるでワザとピントをはずして撮ったみたいな、なんというか、ロマンティシズムを感じる。w
もちろん、狙ってやったわけではない。(キリッ)

私が使っているのはFUJIFILMのX100というカメラだ。
X100のAF(オートフォーカス)はたまにこういうことがあるのだが、使い方の問題なのか、カメラのせいなのかは不明。
仮にカメラのせいだったにせよ、そういうカメラなのであれば、それに合わせて使い方を工夫すればよいだけのことだと思うのだが、正確無比なAF機構を搭載するカメラをお使いの方々は我慢ならないらしい。
(もちろんメーカーは正確なAF機構を開発する努力はするべき。)

Cocolog177
FUJIFILM FinePix X100  Film simulation "ASTIA".

あと、X100にはOVF、つまり光学ファインダーがついているのだが、フレームが実際の撮影画像とぴったり合っているわけではない。光学ファインダーなんてそういうものだ。ライカM3だってぴったり合ってるわけじゃない。
だが、高級高性能なデジタル一眼レフをお使いの方々は我慢ならないらしい。
EVF(電子ビューファインダー)を使うか、背面の液晶を見て撮れば自分が見ている画像と撮影画像がぴったり一致するので、EVFばかり使う人が多いらしいが・・・自分が見たとおりの範囲が写真になったからといって、それがいい写真になるとは限らない。うん、たぶん全然関係ない気がする。
(ものすごい上級者の方はそういう微妙なフレーミングをコントロールしているのかも知れないけど。)

Cocolog178
FUJIFILM FinePix X100  Film simulation "ASTIA".

私はX100を使うのなら、光学ファインダーを使わない手はないと思っている。なによりカメラはファインダーを覗いて使いたいと思っているし、そして使うなら美しい光学ファインダーがいい。
私は光学ファインダーのクリアな視界の中に白いフレームが浮かんでいるのがたまらなく好きだ。

Cocolog179
FUJIFILM FinePix X100  Film simulation "ASTIA".

ピントは合わせる工夫をし、フレーミングは訓練と慣れで完璧にすればいいと思っている。
(というか、完璧なフレーミングに興味がないのだが。。。)
カメラというのはそういうことをする機械だし、そういうことを楽しむための機械だと思っている。
(X100は、そういう、何というか、完璧じゃないところがおちゃめさんだと思う。)

まぁ、その・・・あくまでも好みの話をしているのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Angenieux 35mm f2.5 CANON LENS 50mm f1.8 II COLOR-SKOPAR 21mm f4 L COLOR-SKOPAR Vintage Line 21mm f3.5 Asph VM EF50mm f1.8 II Elmar 5cm f3.5 Elmar 5cm f3.5 corted(f22 1950) Elmar 5cm f3.5 corted(f22 1952) Elmar 5cm f3.5 old model Elmar 9cm f4 Elmarit 28mm f2.8 2nd ELMARIT-M 28mm f2.8 ASPH. 11606(5th) ELMARIT-M 28mm f2.8 Pre-ASPH.(4th) EOS Kiss Digital N FED 50mm f3.5 FinePix X100 FUJIFILM X-E2 FUJIFILM X-Pro2 FUJIFILM X20 HELIAR Classic 50mm F1.5 HELIAR Vintage Line 50mm F3.5 iPhone 13 mini iPhone 4S iPhone6 iPhone8 Jupiter-12 3.5cm f2.8 (KMZ 1956) Jupiter-12 3.5cm f2.8 (LZOS 1960) Jupiter-3 5cm f1.5 (ZOMZ 1961) Jupiter-8 50mm f2.0 (KMZ 1963) Jupiter-8 5cm f2.0 (KMZ 1955) Leica DⅡ Leica M Monochrom Leica M10 Leica M10 Monochrom Leitz Wetzlar Leica M10-P Leica M10-R Black Paint Leica M3 (1958) Leica M3 (1964) Leica M9 Leica M9-P Leica Standard(E) Leica Ⅲa Leica Ⅲf BD LEITZ minolta CL M-ROKKOR 40mm f2 (for CLE) NEOPAN 400 PRESTO NIKKOR-H・C 5cm f2 Nikon Coolscan Ⅳ ED NOKTON 50mm f1.5 Asph L NOKTON classic 35mm f1.4 MC VM NOKTON classic 40mm f1.4 SC VM NOKTON VL 50mm f1.5 Asph II VM SC NOKTON VL 50mm f1.5 Asph VM RICOH GR DIGITAL RICOH GR DIGITAL Ⅳ RICOH GRⅢ Rodinal RPX100 RPX400 Russar MR-2 20mm f5.6 Silver Efex Pro 2 SilverFast8 Silversalt SONY RX100M5A Summar 5cm f2 SUMMARON 35mm f2.8 Summicron 5cm f2 Summicron 5cm f2 collapsible L SUMMICRON-M 50mm f2.0(6bit) SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH. Summitar 5cm f2 T-MAX100 T-MAX400 TRI-X TRX2000 Vuescan W-NIKKOR・C 3.5cm f2.5 W-NIKKOR・C 3.5cm f3.5 XF14mm f2.8 R XF23mm f1.4 R XF27mm f2.8 XF35mm f1.4 R XF35mm f2.0 WR Zeiss-Opton Sonnar 50mm f1.5 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 カメラ グルメ・クッキング スナップ スポーツ ソフトウェア バイク パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ フィルム ペット モノクロ レンズ 住まい・インテリア 写真 写真集 哲学・心理学とか 学問・資格 心と体 恋愛 携帯・デジカメ 撮影技術 文具 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 旧ソ連のレンズ・カメラ 映画・テレビ 書籍・雑誌 現像 経済・政治・国際 美容・コスメ 趣味 道具 音楽