« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

Pen


152


万年筆が好きなのだが、万年筆で使うためのインクもまた面白い。
様々な色、書き味の違い、香り。奥が深い。

Gペン。

Gペンのペン先も様々な種類があって、見るだけでも楽しい。
そして手元に1本Gペンがあると、手軽にインクを試すことができる。
とても便利。

FUJIFILM FinePix X100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YORU 2


151


夜の街を、カメラを持って彷徨うのは仲々に魅力的な遊びだ。
ごく普通の風景でも、写真に撮るとなぜか寂しげな風景に見えたりする。
露出の関係でそこにあるものが暗く沈んで写らなかったり、構図の関係で行き交う人が写らなかったり。
とても面白い。

FUJIFILM FinePix X100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YORU


150


写真は光がないと写らないもの。
だから夜は写真を撮るのには向いていないはずだ。
だが、好んで夜の写真をとる写真家は大勢いる。
まぁ、私も嫌いではない。

FUJIFILM FinePix X100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰りに


149


まぁ、ゆっくりしましょ。

FUJIFILM FinePix X100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喚起される記憶


148


人通りのない道に灯る街灯は、寂しくてなんだか懐かしい。
そんなものはないのだが、街灯にまつわる「遠い記憶」が喚起されるような、
何故かノスタルジックな気分になる。

FUJIFILM FinePix X100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日暮れ時


147


日暮れ時。
土手より橋を見る。

FUJIFILM FinePix X100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもの橋


146


隣町と我が町を繋ぐ橋。
この橋を歩いて渡って帰ることが結構ある。
なんだか気持ちがいいのだ。

FUJIFILM FinePix X100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

At the cafe


145


立川にて。

FUJIFILM FinePix X100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

至福のコーヒータイム


144


出歩いている時、喫茶店・・・cafe?に入るのが好きだ。
買い物、スナップ、仕事、どんな用事で出ていても関係ないのだけど、コーヒーを飲みながら一息つくのが幸せなのだ。
ただ、注文するのが面倒な店、なんというか専門用語バリバリの、そういう店はちょっとアレだな。
ちなみに写真の店は、面倒な店ではない。

FUJIFILM FinePix X100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えらいペンギン


143


立川。
がんばるペンギン。

皆が携帯のカメラを向けるのだけど、そのたびにポーズをとってくれる。
なんだかすごくかわいかった。

FUJIFILM FinePix X100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝


142


久しぶりにTVを見た。
番組の内容は割愛するが、当たり前の毎日がいかに幸福かを思い知った気がする。
当たり前に生きていられることがどれほど幸福なのか。
幸せはいつだって自分の手の中にある。

FUJIFILM FinePix X100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

White


141


新宿。
カメラ店の帰り。

FUJIFILM FinePix X100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもの喫茶店、ネオン


140


ネオンというと酒場というイメージがあるのだけど、このネオンはコーヒー。
ネオンは綺麗でノスタルジックでなんとも言えない雰囲気がある。
別に何か特別な思い出があるわけでもないのだけど、なんとなく好きだ。

FUJIFILM FinePix X100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西陽 2


139


新宿西口には中古カメラ屋が多い。
なんとなく新宿西口の写真が多いのはそのためだ。

それでも最近は行かなくなったのだけど。

FUJIFILM FinePix X100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西陽 1


138


初めて友達同志で新宿に来た時は、東口の地下街「サブナード」の大きさに圧倒された。
楽器屋をめぐり、フェンダー・ストラトキャスターに心ときめかせた。
確か中学一年。

あの頃のことは、今でも思い出す。
新宿はわくわくするような、夢の街だった。

FUJIFILM FinePix X100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »