« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

蕩けるような摩耗

249
Leica M10 SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH. 

使い込まれた道具が好きだ。
すり減った塗装や金属の感じがなんとも言えない。
このレールもいい。

広島にて。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

散歩

248
Leica M10 SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH. 

風の谷のナウシカに出てくる王蟲を思い出した。
なんとなくジブリ的な木だな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Juorney.

247
Leica M10 SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH. 

広島へ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

246
Leica M10 SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH. 

枯れてはいるのだがまだしっかりしているように見える。
ずいぶん長いことこの状態な気がするのだが、茎が頑丈なのだろうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多

245
Leica M10 SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH. 

JR博多駅。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛行機

244
Leica M10 SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH. 

飛行機は好きだ。
少し揺れると尚良い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

香箱を組む

243
Leica M10 SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH. 

この写真はSUMMILUX ASPHらしい写りだと思う。
ピントが合った部分の立体感が凄い。

猫のこの座り方を「香箱を組む」とか「香箱を作る」と言う。
「箱座り」という言い方もある。
猫の心理状態が落ち着いている時の座り方だという説もあれば、後足をすぐに蹴って立ち上がることができる状態なので緊張している時の座り方だという説もある。

私の見解はそのどちらでもなく、「普通の状態」だ。
多分猫はなにも考えてない。

ただ、猫のこの座り方は好きだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰り道

242
Leica M10 SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH. 

寒い夜は窓から見える灯りがいつも以上に素敵に見えますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »